下級てき住みやかに

『愛犬』もう名前を呼ばないから。もう来なくてもいいから。

小さな身体を震わせながら、生後三ヶ月の時に飛行機に乗って我が家にやってきた。

▼ミニチュアダックスフント

f:id:igadget:20190117121251j:plain

Sponsored Links
 

愛犬

お風呂が大嫌いで、とても泣き虫で…。

ホールケーキが何よりも大好きで…。

散歩が好きで、命令に、とても忠実だった…。

いつもお腹を上に向けて安心しながら寝ていたよ。

 

f:id:igadget:20190117122200j:plain

 

ご飯を急に食べなくなったよね。

そして、水を大量に飲んでは吐き続けていたよね。

家中の至る所に、ちょっぴりづつ、オシッコをかけまわっていた。

黙認していたよ..。怒れなかったよ..。

 

お~い。大丈夫か〜ぁ...。

 

愛犬の名前を呼んでみる。

君は、ヨタヨタしながら忠実に近寄ってくるんだ。

決して命令なんかしてないよ。とても心配なんだ。

三度ほど床に倒れては、膝の上にきてくれた。

 

君が大嫌いなお医者さん…。

『家族で看取ってあげて下さい。』

もう限界なんだよね。ちゃんとわかっていたよ。

静かに呼吸をしながら、お腹がゆっくりと動いていた。そして、静かにお腹の動きが止まっていった。

 

最後に綺麗な身体でいるがために、お腹の中を空っぽにしようとしていた君の美学のことも…。

生きた証を残すために、家中に、ちょっぴりずつ、マーキングしていたことも、全部知っていた。

 

名前を呼べば、身体が辛くとも、忠実に側に近寄ってくる。

『もう、名前を呼ばないから…。』

『もう、無理して来なくてもいいから…。』

 

うちの子で幸せだったかい?

本当にありがとう。幸せな14年間でした。

 

最後に一言......。

『本日を持って全ての命令を解除します。』

f:id:igadget:20190117123041j:plain

 

Sponsored Links