下級てき住みやかに

ミッシング ワーカーなの?人の庭で草むしりをする男に驚愕したよ。

顧客先の新規システムの立会いに、開発者プログラマとして常駐することもあり、しばし、出張することが幾度となくある。

出張後は、自社には戻らず、都会の空気を満喫しながら、理由をつけては自宅に直帰することも多い。

ヘラヘラな平社員の楽しみだよ。

f:id:igadget:20181003200945j:plain

Sponsored Links
 

出張が終わり、直行直帰で自宅へと戻った。

時刻は15:00を過ぎたばかり。家で昼寝でもしよう。

自宅についた時に、見知らぬ男性が、家の草むしりをしていた。年齢も変わらない男性。唖然とした。

『えっ?あんた誰…。警察呼ぶよ。』

声には出さないけど…。率直な意見だった。

お手伝いを雇う余裕なんてない。強いて、お手伝いを熱望するならば、可愛らしいメイドさんを雇うのではないかと勝手に妄想する。

平日の誰もいない時間帯。鉢合わせた不法侵入者。

 

一人暮らしをしているならば啖呵もきれる。

しかしながら、娘が同居している以上は、安易に敵対視するような行動は取らない。

尾を引くリスクを背負うのは、正直ごめんだから。

f:id:igadget:20181005221601j:plain

『すみません。どちら様ですか?』

少しばかり、丁寧に話しを切り出してみた。

『〇〇と言います。草むしりをしていました。母親が施設で、いつもお世話になっています。』

 

嫁の介護の利用者さん家族なの?
何故に、草をむしるのか...。

 

少し間があり、彼は、身の上話を語り始める。

『母親が施設でお世話になってますから。』会話に意図的に組み込んでいるのが印象的だった。

 

話の全貌がみえてこない。 (☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

要約すると、彼は、30歳の時に退職をして、現在は無職で親の年金をあてにしながら生活中。

両親は、介護が必要となり、弟は自閉症で無職。

父親の介護施設の支払いを滞納してきたため、施設を追い出される案内通知が、先日届いた模様。

母親は、嫁が勤めている介護施設に通っている様子だが、同様に支払いを滞納している模様。

彼は、世論は弱者には厳しいだの、高齢者を守る義務が政府にはあるだの、貯金はないだの、食べる物がないだの…。なんか語っていた。

f:id:igadget:20181005222559j:plain

全く持って興味が湧かない。…何でしょ?

お気の毒ですね。頑張って下さいとしか言えない。

嫁の施設に、母親が通っているならば、同じ地域に住んでいる僕が認識していないだけの住人。

他人様の生活だから、何とも言えない。でも…。

払えないから人のせい。国の体制がそもそも悪い。

 

考え方が、ご都合主義で理不尽…。
介護施設は慈善事業ではなく民間企業だ。
血税だから負担額は、
1〜3 割だよ。

  

それより、何故、住所を知っているのか。そっちが、ガッツリ気になっていた。

 

嫁は、介護施設の責任者の立場ではある。

単純に支払いの滞納を待って欲しいと、なんとなく嘆願しにきているようにも思えた。多分…。

行動が尋常に思えなかったから、穏便に済ましておきたい。草むしりの目的って何だよ。(T ^ T)

 

介護前に仕事を辞めている。ミッシングワーカーとは、意味合いが違うのかも知れない。

親離れが出来ず、子離れが出来ず。結果に結びついたと思う。どちらかが崩れれば、必ず総崩れ。

そうならないようにしていかなきゃ。

f:id:igadget:20181005221831j:plain

彼の気持ちも全く分からない訳ではなかった。

僕も、知的障害の弟を養っている。

両親は、短命であったが、嫁の両親の介護はしている。立場は似たような境遇だ。

◆ 自らの一歩を投げ出してしまったのか。

◆ 踏み留まって、取りあえず堪えてみたか。

選択して歩んできた、結果論でしかないよ。

どんな人でも、みんな、悩みながら生きている。

お金があろうがなかろうが、仕事があろうがなかろうが、人は弱い生き物だからね。

f:id:igadget:20181005232345j:plain

草むしりは、僕が業者に依頼したと、割り切ることにした。半日手当てとして、彼に5000円を手渡す。

彼が嫁に、“無償で草むしりをした” と報告したところで、嫁は単に怖がるだけだから…。

躊躇はされたが、仕事として割り切ってもらうよう頼んでおいた。

 

ずっと Win-Win だと思える。
草むしりは自分でする。二度はないと釘を刺しておいた。

  

食料がないという事実がとても気になった。

同じ地域の住人だから、食べれないと聞いて、さすがに放置はできない。仕方がないから米はシェアしてあげることにする。

 

介護利用者の家族さんから、新米をいただいた。100kg程の米をもらっている。
どのみちフードバンクに持っていくから…。

 

 

新米 30kg の米俵をとりあえず3袋。まだ増えるんだ。感謝!

f:id:igadget:20181003212113j:plain

彼は、僕の自宅から5~6km程、離れたところに住んでいた。車がなくママチャリ移動みたいだから、彼の家まで、車で米を運ぶことになった。(*´Д`)

 

彼の家は、立派な旧家だった。

玄関前に、米をおろしている時、道沿いの方から声をかけられる。

 

あれ!お前、何してんの?
今日は、休み?

 

 

彼の50メートル先に住んでいる高校の時の友達。

個人経営で、電気工事屋を営んでいる。顔は怖いが愛想は良いし、情には厚い。

ガッツリ稼いでいるから、僕も仕事を手伝ってお金をもらう。何でも経験すればいいんだ。

『経験に勝るものはないから』

今日の経緯を友人に話してみた。

 

あいつ、仕事してねぇの?
ガキの頃から知ってるし事情もわかる。
バイトするか頼んでみるわ。

 

 

友人に任せて帰るとしよう。

ウトウトしていたところに友達からの Line

f:id:igadget:20180317220749j:plain

バイトするってさ。
仕事したいんだとよ

えっ!まじで..。

大丈夫なのだろうか。

早すぎない?いやいや、遅すぎるかも?

初対面でも喋れていたし、草むしりも出来る。

彼も、変わらなければいけないと思えた。支払うものには支払う責務がある。だから同情はしないけど。

 

彼の心に布石を残せれば、今日の出会いも悪くはなかったと思う。

他人を羨んでも、恨んでも仕方がないこと。

与えられたリソースの中で、自分に正直に生きていけば、取りあえずはいいと思う。

何か変化が、起きる日がくると思うから。

誰の人生でもないんだよ...。

 

なんか、変な一日だった。おやすみなさい。

よい...週末を過ごしましょうね。

Sponsored Links