下級てき住みやかに

『新型 iPhone の容量選択』64GB,256GB,512GBのデータ量の目安

新型 iPhone の購入時に、ちょっと悩んでしまうストレージの容量選び。購入金額に直結しますからね。

実に数万円単位で加算されていきます。

容量のサイズ選びは、iPhone ユーザー特有の悩みの種かも知れないです。

 

iPhone には、SDカードを交換できるスロットがありません。

iOS と Android OS における、セキュリティーの考えという表向きはあります。

Apple 社は iCloud のNetwork ストレージを推進している本音がありますから、増設可能なSDカードをサポートする可能性はゼロに等しいかと思います。

f:id:igadget:20180920195830j:plain

 

Sponsored Links
 

新型 iPhone XSシリーズでは、以下の容量に分かれました。

64GB
256GB
512GB

大は小を兼ねることは事実です。

しかしながら、支払い金額に直結していきます。

普段の生活の中で利用する上で、選択するストレージの容量が適切あるか、改めて確認してみるのも良いかも知れませんね。

以下も念頭には入れておきましょう。

  • 不要なデータは削除して容量確保できます。普段は使用しなくなったデータをPCにバックアップして、容量確保も出来ます。
  • Apple の iCloudによるネットワークストレージも、無料で5GB 使えます。

 

音楽としてのデータ量

iPhoneで音楽を聴く機会も多いかと思います。ブルートゥース接続すれば用途も広がりますからね。

iTunes では、音質的に AAC(m4a) の 256kbbs が一般的に利用されている認識でいます。

1曲を4分で256kbbs で仮定 約8MB

容量 曲数
64GB およそ 8000
256GB およそ 32000
512GB およそ 64000

 ガッツリ音楽を聴きますが500曲もないです

音楽を聴くということであれば、さほど容量を気にする必要はなさそうです。

f:id:igadget:20180920231654j:plain

 

写真としてのデータ量

iPhone で写真を撮ることも多いと思います。手軽に撮れて、しかも綺麗に撮れるようになりました。

大切な写真を取りたいときは、一眼カメラなどを使うと思われます。ですから、ちょっとした撮影用として利用されていることかと思います。

iPhone のデフォルトのカメラでは、解像度変更は出来ないため、意外に高画質で撮影されます。

iOS11 にアップグレードすることで、HEIF(High Efficiency Image Format) で保存することが可能になりました。1枚あたりのサイズは、1.2~1.5メガといったところでした。

HEIF は 高効率の写真フォーマット(主流になると思います)

対応機種:iPhone 7/Plus、iPhone 8/Plus、iPhone X

jpeg 保存の場合は、その2倍ぐらいの容量です。

仮に1.5メガと仮定した場合

容量 枚数
64GB およそ 42000枚
256GB およそ 170700枚
512GB およそ 341300枚

写真を撮影する場合も、さほど容量を気にする必要はなさそうですね。

容量を確保するのであれば、PCへ移動したり、消去もできますから。

f:id:igadget:20180920214104j:plain

大切な写真は、iPhone に保存だけでなく、iCloud や PC にバックアップしておきましょう。万が一に備えて、DVDやBD-R の媒体に焼いておくのもありです。

 

動画撮影としてのデータ

iPhone XS で動画を主に考えている場合は、64ギガでは厳しいですね。

もちろん、256GBであっても、512GBであってもですが..。

動画は言わずと知れたパラパラ漫画。音楽と写真撮影を併せ持ってます。

f:id:igadget:20180920231458j:plain

iPhone XS は 4K動画の 60fps に対応しています。

1秒間に高速の写真撮影(60枚)と同じですね。

概算で1分で400MBのデータ量になるかと思います。

4K 60fpsで動画を取った場合の目安

容量 枚数
64GB およそ 160分
256GB およそ 640分
512GB およそ 1280分

スマホはビデオカメラではないため、OSやアプリなどを含めてインストールしていくと思います。

動画主体の場合、容量は大きめの方がよいかと思います。

64GBの場合は、PCに小まめに移動させて、媒体に焼いておくというのもよいかも知れません。 

 

動画をダウンロードした場合のデータ

Netflix などの映画を、スマホにダウンロードした場合のサイズです。

最近は、外出先でも、wifi の設備が整っているため、ストリーミングでも十分な気がします。

そのため、ダウンロードする機会も減りましたが、それでも、事前に端末に保存しておけば、安定した再生が可能です。

f:id:igadget:20180827235816j:plain

NETFLIXで2時間の映画をダウンロードした場合、1本あたり400MB~500MBでした。

映画 1本を500MBと仮定した場合

容量 本数
64GB およそ 128本
256GB およそ 512本
512GB およそ 1024本

泣き叫ぶ小さなお子さんを、あやす時に、動画は活躍します。それでも、数本程度ですね。

基本的には見終えたら削除が鉄則です。容量に拘る必要はないかと思います。

 

アプリとしてのデータ

スマホアプリの場合は、インストールするアプリケーションのサイズに準じます。

自分のスマホにインストールしているアプリを基準に説明して、参考になるかわかりませんが....。

 大まかな概算(あくまでソフトに依存)

Category size
大作のRPG(綺麗) およそ 1.5GB ~ 2GB
動画プレーヤー およそ 50MB ~ 200MB
地図ソフト およそ 100MB
ソーシャル系 利用頻度に準ずる
一般的なスマホ無料ゲーム およそ 50MB ~ 200MB
交通乗換案内 およそ 50MB ~ 100MB
health care アプリ およそ 10MB ~ 100MB
便利ツール およそ 2MB ~ 50MB

iPhone の並びで、1画面 24のアプリ表示だとして、どれだけアプリをインストールするかによります。

数百のアプリをインストールしても、選択するも大変ですので、日常的に使用するアプリは、数十ぐらいだと勝手ながら思っています。

あくまでも、参考値として捉えてください。

 

あとがき

動画撮影に重点を置く場合は、256GB、512GBの選択が良いかと思います。

写真や音楽に重点を置く場合は、64GBでも十分だと思います。アプリも大量にインストール予定で、64GBで、ちょっと物足りない場合は、256GBを選択するなど。

もしくは、何が何でも、512GB というのもありだと思います。

結局は、大は小を兼ねます。金銭を全く気にしないのでしたら、やっぱり 512GBがいいですね。

 

因みに、2年縛りの iPhone を使用しているため、個人的に、今回予約していますが、iPhone XS MAX 256GB をチョイスしました。

では、よい、iPhone ライフをお過ごしください。

IPhone XS 発売直前の目安情報でした。

 

Sponsored Links