下級てき住みやかに

『備忘録』 ムーブキャンバスのヒューズボックスから電源を取り、ミラーレーダを取り付けるまでの手順

Summary

ムーブキャンバスのヒューズボックスから電源を取る方法

娘のムーブキャンバスに、レーダ探知機(ミラー型)を取り付ける際、意外に四苦八苦したため、キャンバスユーザ向けに参考になればと思い、備忘録として手順を残しておきます。

ムーブキャンバスユーザ向け限定の情報。本来は、みんカラに掲載すべき内容ですね。

f:id:igadget:20180812191300j:plain

Sponsored Links
 

ミラー型レーダ探知機

COMTECのミラー型レーダ ZERO 502M を取り付けていきます。

据え置きのレーダ探知機もありますが、レーダのデザインと車の内装の調和が取れないため、ミラー型の方を個人的には好んでいます。

Apple デザインがあればいいですが...。(*'ω'*)

f:id:igadget:20180812165457j:plain

 

 

 

ヒューズの場所を確認

車に附属してくるムーブキャンバスの取扱説明書を確認しましたが、ヒューズ交換方法の掲載がありません。ヒューズボックスの場所は助手席のグローブボックスの中にあります。

f:id:igadget:20180812163957j:plain

[出典: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/03_exterior.htm]

レーダの取り付けの見栄えを良くするため、シュガーソケットではなく、ACC電源から分岐させていきたいと思います。

まずは、助手席のグローブボックスを外します。

グローブボックスは引っ掛けてあるだけ(嵌合 かんごう)の簡単な構造ですので、爪を内側に押して外せば、引っ張り出せます。

f:id:igadget:20180812171527j:plain

 グローブボックスを外したところ

f:id:igadget:20180812174739j:plain

ヒューズを確認できました。

f:id:igadget:20180812175052j:plain

 

レーダーの配線

配線が露出しないようにしていきたいと思います。

ルームミラーからフロントガラスまで、車の天板(フェルト生地)の隙間を経由してピラーまで配線を持っていきます。少し太めの針金があれば配線をとおせますね。

作業する場合はエーモンの内張りはがしがあれば、楽にこじることができます。車で作業するときは、最強のアイテムになります。

 

 

f:id:igadget:20180812180229j:plain

f:id:igadget:20180812180625j:plain

フロントガラスのすぐ近くにルームミラーがあれば楽なのですが、ムーブキャンバスには、セーフティサポート用のカメラがあるため、少し離れたところにルームミラーが配置されてます。

ルームミラーの天板の隙間から、フロントガラスに向けて配線をとおしていきます。これが、一番面倒な作業でした。

天板を止めているクリップを外せば、多少、作業は楽になります。クサビ形になっている冶具です。ゆっくり回すように引っ張り出せば取り外せますよ。

f:id:igadget:20180812181129j:plain

ピラーも外していきます。

f:id:igadget:20180812181240j:plain

配線をヒューズボックスに向かってとおしていきましょう。

f:id:igadget:20180812181312j:plain

 

ACCヒューズから電源を分岐

ムーブキャンバスのACC電源は、低背ヒューズの15Aになります。

グローブボックスの裏にヒューズの用途が記載されています。因みに、ACCの記載はなくソケットと記載されてあります。

 

ヒューズ側とレーダの配線のプラス、ボディーアースとレーダの配線のマイナスを半田付けしました。ギボシを使用してもOKです。

半田付けした場合は、熱収縮チューブを使用するなどして、ショートしないように注意しましょう。

f:id:igadget:20180812183552j:plain

マイナスはボディーアースから分岐

f:id:igadget:20180812183858j:plain

プラスはヒューズに接続します。交換した箇所がACC電源です。

f:id:igadget:20180812184031j:plain

 

内装を戻して作業完了

 

ACCから電源を取り、ピラーを経由して配線するのは簡単な作業ですが、天板に配線を通す作業が難関でした。40㎝ 程をとおすだけなのですが....。

f:id:igadget:20180812184820j:plain

f:id:igadget:20180812185122j:plain

エンジン始動で電源が入ることを確認。

f:id:igadget:20180812184845j:plain

 

レーダ探知機は、値が張りますが備えあれば憂いなし。もちろん、安全運転で法定速度を守ることはドライバの責務です。

 

シガーソケットをハブ化して、いくつも取り付けている若い子達の車を見かけますが、ヒューズから分岐した方が綺麗になりますよ。

ムーブキャンバスユーザのため、そして、配線が苦手な、ムーブキャンバスのドライバーの彼氏に向けて情報を掲載しておきますね。

 

Sponsored Links