下級てき住みやかに

『介護とテレワーク』仕事と私生活を両立するために

テレワークって知っていますか?

テレワークとは、仕事と育児・介護を両立させるための「雇用型」の在宅勤務になります。
働き方改革の名の下に、厚生労働省も推進している新たなワークスタイルの一つの取り組みです。

『tele = 離れた所』と『work = 働く』

f:id:igadget:20180621221850j:plain

Sponsored Links
 

 

とある仕事場の風景

 

 

画面を共有しますね。見えてる?
子供は大丈夫?熱は下がった?
母ちゃんは落ち着いている?

 
 

画面見れます。熱は下がって寝てまーす。いつでも、OKです。

 

 
 

画面見れます。母ちゃん微妙…。泣きたいけど。OKです。

 

 
 

じゃぁ、オールグリーンということで。ソース(プログラム)レビューを始めます。よろしくです。

 

つい先日の出来事。

会社の後輩達が、家庭の諸事情で出勤することができないため、有給を取得せずにテレワークを申請。

テレワークは休暇ではなく出社と見なされる。

  • 子供が流行りの病気で、保育所に預けれないため、親が長期休暇を余儀なくされる育児の問題。
  • 介護を要する親が、定期的に訪れてくる鬱状態に陥いった時に、自宅から出られない介護の問題。

それぞれの家庭には、それぞれが抱える諸事情があります。介護や育児だけの問題のみならず、持病によって通勤が困難になる場合など。

賛否両論はあるけれど、テレワークは新たな働き方の試みをもたらせてくれる予感がする。

 

会議室に一人でこもりながら、プロジェクターで資料を投影しつつ、PCの画面を共有して壁に向かって話しをしている。えへへっ

“照れワーク”だよ。自分にキモってなる。

傍目から見ると、いっちゃっている人に見えるかも知れない。笑 

昔は、無理矢理に有給を消化せざるを得なかった。

一早く導入に踏み切った会社には感謝したい。給料を上げてくれたら、もっと感謝する。チューする。

 

働き方改革が変えていく

 

現実問題としてテレワークを導入できる職種は限られてくるかと思います。

現場でしか作業ができない業種や、人に対してサービスを提供する職種などは、ちょっと無理があるかも知れません。

仕事におけるアウトプットを、しっかりと会社に提供出来れば、テレワークという発想も、あながち悪くはないと思いますね。

僕が勤務している、コンピュータの業界においてはネット回線と端末。そして確固たるセキュリティ環境さえ整えれば、特に場所を問いません。

f:id:igadget:20180621222842j:plain

嫌々ながらも出勤しないと落ち着かない年代。

仕事とプライベートを、会社と自宅で線引きしてをしてメリハリをつけたい性格。

でも、介護を強いられている者として、子育てしてきた一人の親の意見として、テレワークという一つの選択肢が、いろんな業種に幅広く、広まっていけばと思います。

介護ばかりに追われると、会社にいる方が、気持ちが紛れる事実も確かにあります。

何事にも一長一短はありますが、行動を選択できるということが、これからの日本が抱えていく問題を捉えていく上で、大切なことだと思います。

 

時代は常に動いている。インターネットが与えし物

変革しなければいけないと思うんだよ。

全国の社長さん。悩める社員に救いの手を…。

Sponsored Links