下級てき住みやかに

「阿弥陀様を捨てますか?嫌なことがあるのならば」嫌なことって意外に難しい。

先日、家の中を小まめに掃除していた。
自宅に6畳の小さな和室があり、そして実家から持ってきた仏壇がある。
真ん中には阿弥陀様が…。相変わらず汚いんだよ。子供の頃からずっと気になっていた。

触ることも躊躇してしまう。そろそろ限界かなぁ。

f:id:igadget:20180619222016j:plain

 

Sponsored Links
 

 

阿弥陀様を捨てますか?


両親が短命だったから、二十歳ぐらいで門徒さんと呼ばれるようになった。

若い時から、お寺の修繕費だの、御子息の入学祝いだの門徒の代表が寄付を募ってくるから、深入りせずに門徒擬きの位置付けに徹している。

気持ちは出すけど割り算されても無理。(T ^ T)

これといった宗教心は持ち合わせていない。

f:id:igadget:20180619220422p:plain

ロウソクの備品などを購入する時は、ホームセンタに行く。しかし、阿弥陀様となると、どうしてよいかわからず、初めて仏具屋に入ってみた。

 

21世紀でも仏壇に液晶とか付いていないか…。

 

お店の方に汚れた阿弥陀様を見せる。

 

表装をお直しされますか?

 

 

ん?表装? 修繕出来るんだ。

修繕出来るとは思っていなかったため、購入する予定であった事を告げる。

 

今までに、ご家庭にご不幸なこと、ご自身に嫌なことがあったのであれば、それでも宜しいかと思います。如何なさいますか?

 

 
 
 

 

嫌なこと?改めて問われると戸惑ってしまった。

嫌なことは誰しもある。『愚問』しかし、これといって何が嫌なのかも自分でよくわからない。

独り言で『嫌だぁ〜』と喚いている割には…。

『嫌なこと書き出せ!吐き出すんだ!』会社で受講させられるような、きな臭いセミナーであれば、講師がテンションMAXでくるから、しぶしぶでも書かざるを得ない。

「何か嫌な事がありましたか」しんみりと問いかけられると、さほど答えが出てこない。

何かのせいにしなければ、やりきれない程に嫌なことって、真摯に問われると意外に出てこない。

嫌かもしれないけど許容範囲。自分が撒いた種。想定内の嫌。大丈夫。しっかり頑張れるよ。

ましてや、阿弥陀様のせいとか考えたこともない。そもそも論で神頼みは神社だし…。

 

それ、本物ですよ。

 

お客様、この阿弥陀様は本物ですよ。

 

本物であるか偽物であるかについて、全く持って気にしたことがない。そんな基準が、あるかないかも知らない。綺麗か汚いかは気にする。

250年程前の江戸時代の阿弥陀様であると判明した。裏に京都の西本願寺の署名がある。そして、年号。

昔は、阿弥陀様を受け取りに京都に赴くことが当たり前だったと聞く。

代々巡り巡って現在に至る。本家とかさほど興味はない。何代も前の先祖が歩いて京都に行って購入してきた。

『京都一人歩き  徒歩編 』

f:id:igadget:20180619222245j:plain

凄いというより楽しそう。会社を休んでもいいのであれば、歩きながらチャレンジしたいよ。

 

娘が二人。嫁に出すことしか望んでいない。婿さんを取る気もない。親の事を一切振り返らずに外に出て幸せになってくれればよい。父さんは第三の人生を満喫しよう。

最後の代として、250年の阿弥陀様を綺麗に修繕してもらうことにした。

 

2万円になります。

 
 

ぶっ!高っ..直近で嫌なことかもしれない。とほほ。

 

 

綺麗に修復してもらった....。気になっていたから。

f:id:igadget:20180619223647j:plain

 

That's dan にお付き合いしていただき、ありがとうございます。時間を取らせまして、謹んでお詫び申し上げます。

Sponsored Links