下級てき住みやかに

娘の恋愛と父さんの取り越し苦労…。心に穴が空くから頑になるんだ。

Summary

娘の恋愛に翻弄される父親..。

公開されたばかりの映画を観に行ってきた。

ずっと楽しみにしていた『レディ・プレイヤー1』

自分の趣味にガッツリとシンクロした映画。待ち遠しかった。感動もひとしおになるはずだった…。
でも、内容がびた一文も頭に入っていない。

だって、僕は、やっぱり父さんだから…。

f:id:igadget:20180423221614j:plain



Sponsored Links
 


期待度マックスで映画館へと一人で向かう。相変わらず単独での行動が大好きだ。

常に最新の音響システムに拘る、マニアックな僕が選ぶシアター。片田舎の中では、ここ以外にお金を支払う選択肢はない。

 

映画の時間待ちをしているところ、遠くの方に娘の彼氏を発見した。半年程ぐらい前に僕と二人でアクション映画を一緒に観に来ている。

僕は、気軽に声をかけようと、大きく手を挙げて、娘の彼氏に手を振ろうとした。
しかし、大きく振り挙げた、その手は振る意味を無くして、肩を回す仕草へと切り替えていた。

最近、肩凝るんだよなぁ。周囲の人々にどうでもいいような嘘をつくがために…。

f:id:igadget:20180423235723j:plain

彼の横には、娘ではない女性がいる。そして、嬉しそうに腕組みをしていた。

ただいま、喧嘩中?浮気中?見てはいけないものを見たのだろうか。

こういう時は、父さんどうすればいいのだろう…。恋愛事情には口を挟まない。人の出逢いの真偽は本人が決めていくもの。我が娘であろうとも。

 

出逢いに偶然などはない。

出逢いとは複雑に計算しつくしされて、その時間に偶然を装うかのように各々が導かれていくもの。しっかりと捉えて考えるために与えられしもの。

結果論の良し悪しなんてない。どのように捉えていくかに左右される。どう感化されるかだ。

f:id:igadget:20180423222235j:plain

出逢った意味を、常に考えることから始める。僕はそう捉えながら生き、そして子供達に説明してきている。繋がりあうことの大切さ…。

あっ、話がずれた…。

 

しかしながら、親バカなんだよね。

心の中では、『テメェ、貴様、どの面下げて…。』罵倒を繰り返す。汚い言葉を頭の中で延々と繰り広げている。

周囲には、悟られぬよう平然を装い『見ざる聞かざる言わざる』を貫く。

父さんは、何も見えないし、何も聞こえない。無になろう。ムッ!違う違う。無だ。黙って全てを見届ける。

 

待ちに待った映画が上映される。

彼とお嬢さんが座った、その席は、いつも僕がスマホ予約するはずの、フィボナッチに基づいて導き出した黄金比の特等席。フィボナッチは適当…。

ウンチクが導き出した見やすい自己満足の場所。

自分の部屋をシアタールームにする程、映画フェチの僕が君に教えたノウハウなのだよ。

ドルビーアトモスによる音響設備。冒頭から迫力満点で天井をめくるめく効果音が流れている。

しかし、娘のことを思うと集中して映画を観ることが出来なかった。気分をリセットしてから、もう一度見に行こう。

(T ^ T) スピルバーグ監督もう一度きますね。

f:id:igadget:20180423225043j:plain

映画館を出ると外は薄暗い。何だか気分が切ない。

嫁に言うと、熱血過ぎるが故に、頭で考えず本能で動く節がある。本能寺の変になってしまう。

娘に言ったところで、単なる告げ口である。何も語らずに運命に委ねていこう。事情がまるでわからないから…。

 

家に帰り、愛犬達には事情を説明する。

『ワンダフル』そう言っていた。うむっ、餌ね。

それにしても家には誰もいない..。一体、何処に行ったのだろうか?

 

しばらくすると、嫁と娘達が帰ってきた。

外で食事をしてきたらしい。そして、玄関で目があう知らない男性がいる。彼は、『初めまして』と言ってきた。僕は軽く頭を下げる。

娘から見知らぬ人が紹介される。

 

父さん。
今、お付き合いしている人です。

 
 

...はぁ…。

 

 

正直なところ、『知らんがな。( `ー´)ノ 』

コロコロと恋多き娘達。やれやれだ。僕の心が打ち解けてきた頃に相手が変わる。だから、また心にぽっかりと穴が空く。頑なになってしまう。

娘の失恋は、父さんの失恋にも値すると何度も言い聞かせてきた。友を失う気分なのだよ。

父さん専用のコロコロを使って娘の心を掃除したい気分になる。

f:id:igadget:20180423230140j:plain

取り越し苦労の一日。娘に翻弄されていく日々...。

しばらくは、また頑なになっていきそうだ。まぁいいんだけどね…。子供達が幸せだと感じていれば。


 

Sponsored Links