下級てき住みやかに

繋がり逢う人たちとの歯車は、大切にしていきたいんだよね。

「ピンポーン」

土曜日の朝早くから、家の玄関のチャイムが鳴る。リビングに備え付けのモニターを眺めると見慣れない女性が映っている。朝から保険屋の勧誘?

小銭を稼ぎに、休日出勤で会社に向かう予定だから時間は取れない。嫁も仕事へ。子供達は何処へ。

親は大学の学費を捻出するために苦労が絶えないのだ。春先には、前期分の二人の学費を一括で納めなければいけない。とりあえず出てみる。

f:id:igadget:20180220230335j:plain

Sponsored Links
 

 

「はい、何でしょう?」ん?誰だろう。綺麗…。

「はじめまして、父と母が、いつも、大変お世話になっています。」同年代の小綺麗な人。綺麗…。

君の名は?ぜんぜん前世で知り合った? 綺麗…。笑

勘違いしているんじゃないかと思いきや、外を眺めると限界集落に住んでいる、おらが村の婆さんも一緒いた。「あらら、どした。どした!」

www.gadget-underwood.com

 

「老朽化した家のこと。両親の体調を考えて、二人をグループホームに預けることにしました。」小綺麗な娘さんが語る。

「そうですか、確かに家のことは、気になっていました。雪深い所ですから。」僕が応える。

先週、今年に入って、2回目の雪かきをするために限界集落へと行ってきた。2メートルを優に超える雪の壁。家が雪のかまくらに覆われているかのようになっている。

限界集落の家が既に限界だ。放置すると雪の重みで倒壊する危険性が十分にある。雪が圧縮して屋根に降り積もれば、総重量は何十トンにもなるから。

f:id:igadget:20180220221344j:plain

それにしても、娘さんは、おらが村の出身者とは思えない装いだ。

年中、はんてんを羽織り、赤いほっぺにタンポポを握りしめて大きくなりました。って感じをイメージする限界集落のはずなのに…。

シュッとして、丸の内や大手町からやってきましたという風貌。ギャップにびっくりしたよ。

婆さんも、80歳ぐらいと勝手に認識しているから、頑張って産んだのだろうと、勝手に妄想してしまった。ほんとに親子?

 

数年間、お世話になったと、わざわざ、お礼を言いにきてくださった。限界集落にはいなくなるので、無理して雪かきに来ないように、直接伝えておきたかったのだという。

電話じゃ伝わらないこともあるんだよ。

何のお祝いなのだろう。ご祝儀袋に一万円札が入っていた。受け取る理由もないけど、断る理由も特にないから有り難く頂戴しておきます。

限界集落の婆さんは意外に頑固だからね。頑固でないと限界集落に住めないよ。

f:id:igadget:20180220222105j:plain

「両親も施設に入ることを、ためらってまして...。これから、少し、施設を見に行くところですが、この歳だから、いろいろと不安があるらしくて…。」

娘さんが施設のパンフレットを手に握りしめている。

見覚えがありすぎる。家の玄関の横にも、どっさりと山済みにしてある…。同じパンフレット。

あっ、そこは、嫁の施設ですよ。施設の管理者をしています。」

そう言うと...。乗る気がなさそうだった婆さんが..。

「あれま、そうなの。あんちゃんのお嫁さんの施設なの?だったら安心して任せられる。爺さんも反対しないわ。」

 

素直に嬉しかった。嘘でもなんでもいいんだ。そう言ってもらえるだけでね…。

後のことは全て嫁に任せることにしよう。嫁に事情を説明するため電話を入れ、僕は会社へと向かう。

f:id:igadget:20180220225728j:plain

 

夕方に嫁から [ LINE ] がくる。限界集落の婆さんが、爺さんと娘さんで契約していったとのこと。

「旦那さんに、よろしく伝えて欲しいって。それと、何のことだかわからないけど、山を自由に使ってもいいからって...。何か変なことしてる?」

そっか、とりあえずは、よかった。多分、役場の人たちもホッとしていると思う。

僕は、地方財源では厳しい限界集落の雪かきを、年に数回程度の気まぐれで手伝ってきた。

それ以外は、殆ど、婆さんが作る畑の野菜を貰ったり、爺さんが管理する山に入り販売できるくらいの山菜を取ったり、自宅の庭の芝生に敷くための山砂を大量にもらったりしていた。なんか、申し訳ないんだよね。お歳暮も送られてくるし..。

山を自由に使っていいから…。嬉しいけど、いいのかなぁ。本気にするよ。

爺さんは、「なーんもない」と言っていたけど。宝の山なんだよね。当然の如く、東京ドーム換算の広さになるし。

山菜や筍も腐るほど取れる。山砂も大量にある。数万個規模の苔玉(こけだま)も作れそうだし、温泉や仕出し屋の料理の飾りに提供できる草木もわんさかある。独りキャンプも出来そう...。これは寂しいかなぁ。

ネットで商売出来ちゃうよ。

なーんて思ったりもした。( ´∀` ) うん。ちょっと考えよう。

f:id:igadget:20180220224455j:plain

f:id:igadget:20180220225122j:plain

なんとなくだけど、繋がり合う人たちとの歯車は大切にしたいと思っている。金銭的なものではなくて、心が「 Win - Win 」に なれるんだよね。

よくわからずに、いただいたお金は、そのまま財布に入れずに、何故か、1000円札に崩して袋に入れ、車に保管している。財布に入れると、会社の帰りにGEOでゲームを買ってしまうんだよ。なんか、知らないけど....。久しぶりに広げたら溜まっていた。

f:id:igadget:20180220233844j:plain

細かくする理由は特にないけど、これでラーメンを食べたりする。後は、若い子たちにも、たくさん御馳走したりね。

www.gadget-underwood.com

ちょっと嬉しかったからブログって見た。

最期まで読んでいただきありがとうございました。 

 

Sponsored Links