下級てき住みやかに

【遺産相続】揉めて胃酸が出た話。目の前のお金より目先のことを考える必要があるから。

「エンディングノート」

自身の終末期や死後に、家族が手続きを進める際に必要な情報を書き残しておくためのノート。これからは重要になりますね。身寄りがいない時代ですから。

遺産相続は、目の前のお金だけではなく、目先も捉えて考えていく必要があります。そんな感じの身内に纏わるちょっとしたエピソード。

揉めごとであっても法律上の問題や期限もありますので注意が必要です。ポイントを参考程度に...。

Sponsored Links
 

遺言がない場合のポイント

 

相続人は何人いるのか?

配偶者は常に相続人となります。次の優先順位は、子供、親、兄弟姉妹の順位となります。優先順位の人が既に他界されている場合は、その子供が代襲相続人となります。金融機関から出金する場合、相関図と一緒に相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明が必要になるため相続人を把握する必要があります。

相続税はかかるのか?

計算方法は、国税庁のページ(常に最新情報)に掲載されています。相続税がかかる場合は、10か月以内に納税しなければ課税もされていきます。相続税が発生する場合は注意が必要です。計算式には相続人の人数が必要になります。

負の遺産はあるのか?

相続するということは、負の財産も含みます。借入金もそうですが、場合によっては不動産も負の財産になります。売れない物件で、常に固定資産税がかかってくるため特に注意が必要です。

 

もちろん、僕もお金は好きです。生活するには便利なツールになりますからね。総合的に捉えて相続してもよいですし、相続を放棄することも出来ます。相続放棄は、相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所にて手続きします。

f:id:igadget:20180218205337j:plain

目の前のお金より目先のことを

昨年の暮れに、父の姉にあたる伯母が老衰のために他界した。

既に、旦那を亡くしており子供もいない。遺言もなく遺産相続は、二親等へと引き継がれる。

父方には、現在、おばが三人健在している。父の姉と妹が二人。その内の一人の認知症である叔母を介護施設に入れ、現在、僕が面倒を見ている。

 

亡くなった伯母の妹から、家に来るように、鬱陶しいくらいに電話がかかる。仕方がないので重い足取りで出向いた。従兄弟達も既に来ている。なんとなくではあるが、検討はついていた。遺産相続の話である。

そして、いつの日かお金に魂を売ってしまっている叔母が話を切り出す。

「姉さんの口座に、1200万程の預貯金があるんだけど、なんかね、おかしいんだよ。甥や姪にも受け取れる権利があるんだって。不思議だよね、死んだ兄弟の子供達にもいくんだってさ。」

相変わらず、何を言いたいのかよくわからない。何も言うことはない。僕の父が他界しているため、代襲相続としての権利が生じている。即ち、僕の印鑑が是が非でも必要なのだろう。

f:id:igadget:20180218205654j:plain

亡くなった伯母の資産は、成年後見人が管理していた。家庭裁判所の管轄であるため預貯金の額には間違いはない。現時点での相続人は5人

既に仕事を定年退職してる従兄弟達も、呆けた母親の代わりに受け取ろうと必死なのがわかる。

叔母が更に話を続ける。

「あなたがみている、認知症の姉さんは、呆けて寝たきりだから、お金は必要ないでしょ。どうせわからないし。後見人につけた代理権で、あなたで相続拒否できるよね。それに、あなたの弟も障害だからわからないでしょ...。」

どんどん、相続人を減らすことだけ考えて発言してくる。やれやれだよ。

「マネマネの実でも食ったのだろうか?」呆れてしまうし、情けなくて胃がキリキリ痛む。胃酸が過剰に出て胃に穴が開きそうだ。心が切なくて辛い。

大切なことだから処理を進めなければいけないことも事実。お金は、紙きれでもデータでもない。世の中に回すことで意味を成していくツール。適宜判断をして、生きている人の手元から世の中に回さなければいけないんだよ。

f:id:igadget:20180218232312j:plain

でも、遺産相続の話があったらはっきり言っておくつもりだった。びた一文いらないと。

「僕と弟の分はお金はいらない。寝たきりの叔母の分も代理権を使って家庭裁判所で相続拒否の手続きをしておきます。」

そう言うと…。叔母がすぐさま口を挟む。

「いらないって言ったよね。」叔母が確認してくる。

「お前は、直ぐに担架をきる。悪い癖だ。そんなことだと世の中を渡れないぞ」

”愛があれば漬物とご飯で生きていける” 心に刺さらない名言を言い続けて、結婚相談所に800万も貢いできた従兄弟が説教じみながら言ってくる。

 

ここで、相続に関わる問題点を提示すれば、自ずと振られてしまうのが目に見える。困り果てると呆けたふりして、兄さんの子供に確認してくださいと押し付けてくるのがオチ...。そっと黙っていよう...。

割に合わないお金を追いかけるよりも、時間を大切に考えたい。

「僕と弟も相続拒否の手続きするんで、好きに決めてもらえればいいです。帰りますね。」淡々と言うことを伝えて帰宅する。

 早々に、家庭裁判所に出向き、「相続放棄申述書」を提出してこよう。時間は有限だから。

 

僕は、決してお金が嫌いな訳でもない。

単純に割り当てで、200万程の金額。「欲しくないのかい?」と言われれば嘘になる。

ただ、啖呵をきっている訳でもない。相続は預貯金だけが財産ではない。単純に配布して、おしまいと言うわけにはいかない。

亡くなった伯母には住んでいた住居もある。半世紀を優に超えた長屋。消防法に基づく道路幅が6メートルを満たしていない時代の建物。ユンボが入れないから簡単には解体することなんてできない。

f:id:igadget:20180218221627j:plain

壊さなければ、特定空き家に認定されてしまうほど雨漏りも酷く老朽化している。まぁ、田舎の物件。誰も買う人なんていない。当然、固定資産税は支払い続けなければいけない。壊す場合も、売る場合も必ず誰かが一旦相続しなければならない。

また、厄介な代襲相続の問題も残っている。誰も認識していないのか関係ないと思っているのか、叔母の親でもある、僕の爺さんが相続人であること。既に他界はしているが、三度も結婚しているという事実。二回目の奥さんには子供もいる。原戸籍を見れば一目瞭然だ。難しい家系にしてくれたものだ。

その子供にも相続権はあり、亡くなっていればその子供が代襲相続となる。蓋を開ければ、何人出てくるかもわからない。全ての相続人の戸籍と印鑑証明が必要になってくる。

揉めてまで悩む程の金額に値しないため、早々に撤退するのが吉だ。子供達には絶対に迷惑はかけれないから。

 

あとがき

財産を相続するということは、正も負も全てを相続するということになります。総合的に判断して考えていく必要があります。とても重要なことです。

相続は、何れは誰しもが経験していくことになると思いますが、相続人には受け取る権利も、拒否する権利もあります。資産は、それぞれ異なりますし、価値観も違いがありますので明確な答えはありませんが、期限があるということ、負の遺産も相続するということだけは覚えておきましょう。

ちょっと愚痴になってしまった記事でごめんなさい。

Sponsored Links