下級てき住みやかに

【恋愛は変愛】どっちが振った?意外に思い違いがあるんだ。まぁ、どっちでもいいけど…。

出張が相次いだことで、ブログの更新も滞り、放浪の旅人に染まりつつある今日この頃。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

愛媛島根に行っていた。猫島に行けなかった。出雲大社にも行けなかった。悲しすぎる。(T ^ T)

 

ふとスマホを見ると、LINE通知に未読で50と表示されていた。家族専用のグループLINE。ネットで家族会話をしているようだけど家族はいずこへ。父さんは仕事で、いずも(出雲)に居たけど元気ならいいや。

f:id:igadget:20180121182508j:plain

Sponsored Links
 

発端は次女の別れ話から始まっていた。どした?

「彼氏が重いから、友達に戻ることにした。」

次女が事後報告をする。

「えーっ 別れたの?まじで〜振ったの…。」

長女が速攻で返信する。

漫才みたいなやり取りが続いていたかと思いきや話が徐々に横道に逸れて行く。

「そういえば、パパがジムにいる女の人を振ったみたい。」長女が蛇足の情報をぶちかましている。

「えっパパが…事務って会社の人?不倫とか」次女が喰らい付き、妙なやり取りが更に続く。

君達は何の話題で盛り上がっている。君達の学費を捻出するのに精一杯だから誰も見向きもしないよ。

 

「おもいから..。」言動が切なくて胸が痛い。

「おもいだすから...。」が正解のような気がした。

昨年の春に次女の彼が心筋梗塞により18歳の若さで永眠している。その後、彼の親友と付き合い、今回別れを告げる。いろいろあって切ないし辛くなるから、これ以上は書けないんだけど.…。

親と同じ経験をさせる人生という名の無情さに幾分か腹が立つ。

 

娘達は、面白おかしく、家族LINEで父親をディスっている。元気に笑って傷を癒せるのならば、喜んでピエロにでも屑にでもなろう。

f:id:igadget:20171225205544j:plain

 

父さんは、また心を初期化しておくから。

この前、ブログって隙間を埋めようとしたけど、また、心に穴が開いてしまうよ。

さて「本題のタイトルのどっちが振ったのか」

20年も前にさかのぼる個人的な、かつ、既にどうでもいいような内容の話。

スポーツジムで再開した元カノ。

お互いに「振ったのではなく振られた」と解釈して生きてきた人の心理に笑える。人は何を基準に物事を捉え自分の思いとして記憶していくのか。

”ひとし松本のすべるかも” って感じになりつつあるたわいもない話題。そんな感じ。かも…。

あっ…。トンネル。新幹線 プァ〜

 

恋愛は変愛

健康のことを考えて、会社の子達と数名でスポーツジムに通っている。最新の設備を兼ね備えた、綺麗で真新しい施設。

健康ブームで、かつ、人気があるジムだから、いろんな輩が集まる。知り合いも大勢いる。苦手な先輩や後輩。ご近所さんや、そして元カノもいた。既におばちゃんだけど…。そりゃそうだよね…。

田舎の施設なんて所詮はそんなもので損な物。選択できる程に施設が充実しているわけではない。

“わーい、わーい、あはは“って皆が一斉に集う。

f:id:igadget:20180123210054j:plain

Sponsored Links
 

30分のランニングを終えて、後ろの棚に置いてある水筒の水を飲み干そうとしたところ、水筒が消えていることに気づく..。あらら...いずこへ。

偶然、目撃していた元カノさんが、さっき、若い女の子が持っていったのだと言う。

ほら、あの子が飲んでる あの水筒だよね?」

おっさんの水筒を飲みほすマニアなどいない。水筒を持って行った女の子と目が合う。

あの娘は…。確か………。

「僕が愛して止まない同棲している女性だ。」

若い女性は笑いながらこっちの方に向かってくる。

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

 

父さん。水筒を忘れたから借りたよ。水素水って補充すればいいんだよね。

 
 

ぶっ!何だよ。びっくりするだろ。入会するなら事前に言いなよ。

 

娘(長女)がいつの間にかスポーツジムの会員になっていた。 バイト代でやりくりするならいいけど。

婚活に勤しんでいる、元カノおばちゃんが娘に自己紹介をしている。冗談混じりで「昔、お父さんに振られたんだよ」と子供が苦笑いしか返せない情報をぶちかましている。

 

おーい。おばさん…。
あんた娘に何を言ってるの?

 

「逆だよ」とボソッと呟いたつもり。

「えっ!絶対に違~う」と反論される。

「ハハッ…了解です。何でもいいや」٩( 'ω' )و

それにしても、自慢にはならないが人を振ったという記憶が頭から出てこない。振られ人生をまっしぐらに突き進んで生きてきたはず。

いつだって「恋は全力ポリシー」に違反するのではないか。どんな? 

恋愛に勝敗があるのか知らないけど、僕は人を振ったのだろうか?数十年も前の出来事。人は勝手に思い出を都合のいいように美化するかもしれない。

恋愛は変愛で自分勝手
By ガジェット

自分の行動がちょっと気になる。

本音は、既にどうでもいい話ではあるが…真実が気になる。適当に解釈して、脳内にインプットしているのかも知れない。

真実を求めるために一旦過去に戻ろう。どうやって?

 

 

過去に戻るには...。タイムマシンに乗るのが手っ取り早い。みんな、タイムマシンは持っている?
えっ、ないの?マジで....。嘘?

 

では、20年ぐらい過去に戻りますからね。

f:id:igadget:20180123214745j:plain

 

小学生の時から、婚姻届を出した日までを綴ったリアル日記がある。「今日から日記を始めます。」って冷やし中華始めましたみたいな感じで始まる…。

世の中には暴露本などというオブラートに包まれたものが販売されている。しかし、リアル日記はオブラートに包まない。だから、全てが苦いんです。

f:id:igadget:20180123215220j:plain

年齢的には、レベル19か20ぐらいの出来事。19.5章あたりから見てみよう。章立てじゃないけど。過去にいられるのは数十分。精神力が持たない。恥ずいし、薄っすらしている記憶が鮮明になると、いろいろ混乱していくから。

思い出は、綺麗に心に刻むだけ。それでいい。

 

ふむふむ。なるなる。字が汚ないなぁ。

手短に言うと、春先に出逢って....。4ヶ月で他の男に取られてポイ。既に振られている。あざーす。

2ヵ月後に突然家にやってきて、やり直したいと言われている。むむっ。

「他の男に取られないように、しっかり繋ぎとめておいてよ。」犬みたいなことを言われているね。

「無理だから...やめよう。」僕は言っている....。

なんでしょ。展開がつまんない...。しかし、リアルに書き留めるなよと自分につっこみたい。

 

前者は僕が記憶していた内容。後者は既に忘れていた。お互いに違った基準で記憶していたのかも知れない。もしくは、娘を気遣って....。

人が記憶する基準は、各々違うのかも知れないね。お互いに勘違いして、別れていることもあるかも知れない。 よーく考えて~。笑

昔に書いた日記を読む。不思議なことに情景が頭に浮かんでくることにしばし驚く。脳は偉大である。思い出せないだけで忘れてなどはいない。

くだらないこと。辛いと思う出来事さえも、全てに繋がっていることに気づく。

自分が行動したことに意味がないことはない。自分が意識しなくとも、何処かの誰かさんに感化されていくことに気付く。全てが繋がっていくのです。

現在、3650日の記事を分析中。人生は、たらればでは制御できないと率直に思います。いつか分析結果を報告していきたいと思っています。

 

Sponsored Links