下級てき住みやかに

【レビュー】LG 4Kモニター コスパ最高。テレビよりは需要があるかも。

4KPCモニターの値段が随分安くなってきましたので購入に踏み切りました。

副業で4K動画の編集をしているのですが、いつまでもFHDでの編集は厳しいと思っていました。

購入したモニターは【LG 27UD58P-B  27インチ】

デザイン性は無視して、安価で、かつ、必要不可欠な機能が揃っているという点を考慮して選択しました。早速ですがレビューします。

f:id:igadget:20180113202146j:plain

Sponsored Links
 

4KのPCモニターってどうなの

4KのPCモニター(3840×2160)を使用してみた率直な意見ですが、フルHD(1980×1080)の4倍の解像度であるため、当然の如く文字がくっきりします。元々は、同サイズのフルHDを使用していましたが、明らかに見やすくなりました。

youtubeの4Kも綺麗ですし、壁紙も 3840×2160 だとテンションはあがりますね。

初期状態では、文字が小さくなるため、Windows 10 の「拡大縮小とレイアウト」にて150%(推奨)で設定しました。

f:id:igadget:20180114011502j:plain

PCモニターの購入を検討される方は、値段も下がってきましたので4Kモニターも視野に入れられた方がよいと思います。

 

4KテレビとPCモニターを比較

正直なところ、4Kテレビより、4KのPCモニターの方が個人的には需要がありそうです。結局は、よく使うからという単純な理由になりますが...。

テレビは、物理サイズが大きなものが比較的に好まれます。ただし、解像度が(3840×2160)であるとはいえ、サイズが大きくなるにつれ格子(ドット)も目立っていきます。諸刃の剣です。

 

地デジ放送は、4Kはもちろんのこと、フルHDの配信にも至っていません。現状では、NetflixやAmazon Video、ひかりTVなどで、4K放送を見る必要がありますが、有料番組が殆どですので、4Kテレビの恩恵は受けていないように思えます。

そもそも論で、4K放送のチューナーは内蔵されていないため、現在の4Kテレビを正しく表現した場合、

4Kモニター + 地デジ、BS チューナー内蔵型のアンドロイド端末ですね。

f:id:igadget:20180113232741j:plain

動画を見る上で、圧倒的に綺麗に見えるのはスマホになります。

小さなサイズで、かつ、超高解像度であるため、既に肉眼で格子を確認することも出来なくなりました。

しかしながら、物理的に小さいため物足りなさもあります。4KのPCモニターは、スマホとテレビの中間と捉えれば、良し悪しも平均化されて良く見えるのかも知れないです。個人見解ですが…。

Sponsored Links
 

4K PCモニター LG 27UD58

このモニターを選択した理由は以下の条件に全て合致したためです。

極めつけは値段です。27インチシリーズの中では格安です。因みにLGは韓国製です。一昔前では、絶対に選択しませんでしたが、液晶パネルはサムスンとLGが主流です。国産は既に撤退していますから....。

 

 

27UD58P-Bを選択した理由

  • IPS
  • 10.7億色
  • スピーカー内蔵
  • 壁掛け(VESAマウント)
  • ノングレア(非光沢)

最終判断はリーズナブルな価格が前提です。ベゼル幅も太いしデザイン性も良くはありません。はっきり言ってしょぼい。

 

液晶のパネルには以下の方式がありますが、やはりIPS方式を選択しました。

IPS方式 > VA方式 > TN方式

IPSは製造コストが一番かかるため、単純に高価ということで選択してます。視野角の違いで色の変化もなく、どこから見ても綺麗というメリットがあります。但し、応答速度が遅くなるためゲーム用としては若干不利です。

FPSゲームを好むのであれば、TN方式でも良いですが、IPSでもゲーム用に最適に出来るモードもありますので特に問題はない認識でいます。

 

開封セレモニーと設置

f:id:igadget:20180113231320j:plain

f:id:igadget:20180113231334j:plain

スタンドは使用せずにマウンターを使用

f:id:igadget:20180113231413j:plain

f:id:igadget:20180113231431j:plain

f:id:igadget:20180113231445j:plain

 

 

4K PCモニターのデメリット

画像が綺麗であれば全て良いかということではないです。フルHDの4倍の解像度であるということは、モニターへの出力に対しての処理も当然増えます。

PCでゲームはあまりしないのですが、ベンチマークにて検証しました。

  • OS Windows 10 Pro 64bit
  • CPU Intel Core i7-7700K @4.2Ghz
  • NVIDIA GeForce GTX1070 DDR5 8GB
  • メモリ DDR4 16GB

4K 3840×2160ベンチマーク

最高品質の設定でスコアは5283です。

f:id:igadget:20180113233739j:plain

 

FHD 1980×1080ベンチマーク

最高品質の設定でスコアは15556です。

f:id:igadget:20180113233936j:plain

 

見た目上では、4Kの方が綺麗に見えますが、ベンチマークではFHDの1/3のスコアです。かなりシステムに高負荷がかかっていることがわかります。

快適に遊ぶことを考慮した場合に、画質を重視するのか、スコアを重視するのかも選択次第になるかと思います。

4Kのモニターの価格が下がったとはいえ、FHDモニターの2倍の値段はします。単純に全てが4Kの方が良いとは限らないかもしれないです。

但し、PCモニターを購入される場合で、2Kか4Kか迷われるのであれば、4Kをお勧めします。確実に綺麗ですから。解像度は下げることは出来ますからね。

 

ベゼル幅を気にされる場合は、上位機種の方が圧倒的に良いです。

以上、レポートでした。長々とお付き合いありがとうございます。

Sponsored Links