下級てき住みやかに

『グーグルアースVR』世界は君のもの!誰もが絶賛する凄いアプリ!

数多くのVR アプリを体験しましたが、意外に早く飽きてしまいます。
Google Erath VRは、お世辞抜きで、完成度がずば抜けている印象を受けています。

人工衛星のカメラから撮影された実データ。人海戦術により集められた膨大な量の地上データ。まさしく地球儀システムと言えます。

バーチャル上の地球には君がたった一人。空を宇宙を自在に飛びながら、大地に降り立つ。

そして太陽をも自由に動かし、実在する街を昼にも夜にも変更出来ます。

f:id:igadget:20171210215629j:plain

Sponsored Links
 

Google Earth VRについて

一言でいえば、簡単に旅行気分を体験することができます。数万キロの距離でも瞬時に移動できます。

地球という名の膨大なデータ。76億人の住処がここにあります。

一般の旅行では、見ることも出来ないような裏側やストリートビューによりお店の中を、覗き見ることも可能です。

『ハリウッドの看板の裏』

f:id:igadget:20171218221335j:plain

『コロシアムと目の前のレストラン』

f:id:igadget:20171218222215j:plain

真ん中のボールを顔に近づけることでストリートビューになり、360度の映像でレストランを見渡すことが出来ます。ボンジョルノ!

f:id:igadget:20171218222014j:plain

自力では登頂できない山。物理法則が無視される海の上や湖にも降り立てます。
没入すると抜け出せなくなるほど、中毒性のあるアプリであることに間違いないです。

『一瞬でマッターホルン!マッタなし!』

f:id:igadget:20171218221507j:plain

『南極大陸にも降り立てます』神秘的!

f:id:igadget:20171218233452j:plain

Google Earth VR を Windows MRで

Google Earth VRは、HTC Vive”と“Oculus Rift”に対応ですが、Windows Mixed Reality のヘッドセットでも問題なく動作します。 

Google Earth VRもSteam VRも無料なのですが、実際に使用するためには、ハイスペックなPC環境が不可欠になります。

もちろん、ヘッドセットも必要であり、これらを設定できるスキルも必要になります。

機器への投資が必要であり、ノウハウ的にも敷居が高いのですが、得られる感動は本物です。

Windows Mixed Reality 要件

Windows Mixed Reality Ultra Windows Mixed Reality
OS Windows 10 Fall Creators Update (RS3) - Home, Pro, Business, Education
CPU Intel Core i5 4590 (4th generation), quad-core (or better) AMD Ryzen 5 1400 3.4Ghz (desktop), quad-core (or better) Intel Core i5 7200U (7th generation mobile), dual-core with Intel® Hyper-Threading Technology enabled (or better)
RAM 8GB DDR3 (or better) 8GB DDR3 dual channel (or better)
グラボ NVIDIA GTX 960/1050 (or greater) DX12-capable discrete GPU AMD RX 460/560 (or greater) DX12-capable discrete GPU GPU must be hosted in a PCIe 3.0 x4+ Link slot Integrated Intel® HD Graphics 620 (or greater) DX12-capable integrated GPU (check if your model is greater) NVIDIA MX150/965M (or greater) DX12-capable discrete GPU

Steam VR 要件

基本は遊ぶタイトルに依存しますが、全ての Steam VR を快適に遊ぶためには、GTX1070以上を推奨している模様です。CPUもCore i7 及び、メモリも8G以上は必須になりそうです。

Google Earth VR は Steam VRのアプリになりますので、Steam VRが要求するスペックが当然必要になってきます。

因みに、GTX1060、Core i7 7700K、DDR4(16GB)の環境で動作確認を使用していますが問題なく動きます。但し、基本はグラボのパワーに全て依存しますので上位であるに越したことはないです。

 

あとがき

幸か不幸か、Googleのデータには、超マイナーであるはずの自宅ですら垣間見ることが出来ます。全てのデータが取り込まれていることに魅力がありますね。

過去に住んでいた街を訪れるだけで、胸がぐっと熱くなりますね。

現在、嫁の介護施設で、足が不自由な高齢者の方に、擬似的な旅行を体験していただこうと、奮起している真っ最中です。疑似体験の旅行であっても十分に楽しむことが出来ると思います。

『スチールドラゴン2000の上に立つ荒技』

f:id:igadget:20171218234050j:plain

最期まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links