下級てき住みやかに

【超神アプリ】Google Earth VR ストリートビューが超絶に凄すぎる!!

人類初の有人宇宙飛行を達成したユーリ・ガガーリン「神はいなかった」余りにも有名なフレーズ

VR ヘッドセットを被り、Google Earth VRへと没入していく。仮想世界の宇宙から地球を眺めて思う。「Google 神」を捉えることができたと。

Google Earth VR+ストリートビュー対応。Googleの本気度が伝わります。まさしく神アプリ。

脱帽です。超絶に凄すぎる。もう、ごめんなさい。

f:id:igadget:20171210212338j:plain

Sponsored Links
 

Google Earth VRとは

Google Earth は、Googleがインターネットを前提として開発したバーチャル地球儀システム。2005年に無料配布され度肝を抜かれたことだと思います。

2016年にGoogle Earth VRが配信され、最新アップデートにて世界85ヶ国のストリートビューに対応しました。

2Dでも3DでもないVR空間。没入感が半端ないです。全てが包み隠さずに表示されます。君の住んでいる家も、僕の30年ローンの家も。ある意味怖い!

動画を見れば一目瞭然。本当にぶっ飛びました。

 

 

Google Earth VRを体験してみる

何が出来るのか?基本は地図アプリでもあり、現地に没入することが出来ます。

簡単に説明すると「どこでもドア」これがしっくりきますね。

キャプチャー画像では2Dですが、VRでは当然の如くその場にいます。しかも、360度に対応しています。

真ん中にある丸い玉。これを顔に近づけるとストリートビューに入れます。

このボールはイベント用に準備されているわけではありません。一般のユーザが情報を登録していきます。当然の如くマイナー情報も表示されていきます。残念ながら、僕の田舎の団地も掲載されています。

f:id:igadget:20171210215629j:plain

東京にやってきました。ゴジラになって街を見渡す感じです。地上も歩けますよ。

f:id:igadget:20171210222048j:plain

都庁の目の前に立ち、ハグすることもできます。

f:id:igadget:20171210224329j:plain

拡大、縮小、移動は自由自在。VRは高さを感じる!

f:id:igadget:20171210222238j:plain

f:id:igadget:20171210223513j:plain

「空を自由にとびたいな!」タケコプター。富士山まで! Flyモードで移動中。爽快すぎる。

f:id:igadget:20171210222650j:plain

疲れたので途中で休憩します。いいんですよ。

f:id:igadget:20171210225049j:plain

ボールを覗き込みストリートビュー 当然360度見渡せるという旅行気分を堪能できます。ぼっち…。

f:id:igadget:20171210225121j:plain

富士山の火口にも当然の如く降りられます。

f:id:igadget:20171210222715j:plain

 

Google Earth VRで世界旅行に行く

どこでもドアのように、タケコプターのように変幻自在な使い方が出来ます。

Flyモードでは、さすがにサハラ砂漠の横断も日が暮れてしまいますのでTripします。地球儀を選択するだけです。これ…。カッコいい。

サハラ砂漠を飛びながら、いざエベレストへ!

f:id:igadget:20171210223724j:plain

f:id:igadget:20171210223739j:plain

懐かしい。かつては、シドニーからエアーズロックまでバイクで横断しました。瞬殺で行ける。すごっ

f:id:igadget:20171210235325j:plain

マンハッタン! 歩けます。キングコングのように。

f:id:igadget:20171210223756j:plain

ベニスの教会みたいなところを覗き込みすることも出来ます。拡大するとエアコンのコンプレッサーまで見ることが出来ます。

f:id:igadget:20171210225546j:plain

 

VR機材があれば、無料で簡単に導入し、全てを閲覧することが可能です。仮想空間といえど実写映像を用いているためクオリティは、非常に高い印象を受けています。凄い時代にきていると実感しています。但し、一般の方が広報するストリートビューの実データ。今後も増えていくと思われますが、モラルを持って配信していただけたらと思います。基本的には審査がありますけどね。

Sponsored Links