下級てき住みやかに

【VR宇宙旅行】Windows MR Hello Mars で火星に行くよ。

Windows Mixed Reality の Hello Mars (無料版)を体験してみました。

360度VR! びっくりするほど楽しい火星旅行に行けました。

f:id:igadget:20171123082332j:plain

Sponsored Links
 

宇宙空間から火星の大気圏に突入して着陸するまでの流れを、リアルに360度のVR空間を堪能できます。

火星の有人飛行は多分、こうなるんだろうなぁって感じで眺めていました。

Hello Marsをインストールして、Windows MR を被れば宇宙ですね。どこでもドアっぽい感じです。

f:id:igadget:20171025223325j:plain

 

ちょっとだけ紹介しますね。一度は行ってみたい宇宙旅行!火星に到着したところからスタートです。

f:id:igadget:20171123083046j:plain

f:id:igadget:20171123083112j:plain

f:id:igadget:20171123083256j:plain

 

母船と切り離され、いざ火星の大気圏へ!

f:id:igadget:20171123083146j:plain

この落下スタイルは数十年前に Ζガンダムでみたぞ。

f:id:igadget:20171123083337j:plain

クルーの皆さんには座席があります。むぅ~。

f:id:igadget:20171123083355j:plain

f:id:igadget:20171123083414j:plain

f:id:igadget:20171123083425j:plain

 

VRの醍醐味は何と言っても、圧倒的な没入感!

2Dでも3Dでもない仮想現実がそこにはあります。Hello Mars (無料版)は火星に着陸するまでの流れを堪能できました。

VR酔いはありません。結構、楽しめましたので紹介でした。こういう体感物は、個人的には大好きですね。その空間に滞在するという感じが味わえます。

 

 

Windows MR は最近のPCで、Core i5 (第4世代以降)/AMD FX-4350以上であれば動作できます。VR機器として捉えた場合に、割と低スペックでも動作可能になっています。

高画質やリフレッシュレートをあげたい場合は、CPU、グラフィックボード、メモリを性能の良いものに交換していく必要がありますね。

拘ればキリがなくなりますが、VR機器はハードスペックにかなり依存します。

尚、Windows MR の設定でヘッドセットのカスタマイズは可能です。

f:id:igadget:20171123111303j:plain

それでは、酔い仮想空間を......。

間違えた。良い仮想空間を! 

Sponsored Links