下級てき住みやかに

【レビュー】HP Windows MRを購入してみた。PCVRで未来がお家にやってきた。

Microsoftの戦略に便乗し、HP社製の Windows MRを購入しました。型番:VR1000-123jp 

数年で爆発的に広がればいいなぁというレベルで考えています。間接的に業務に携わっているから。笑

Windows Mixed Reality の単語だけでも覚えておいて下さいね。

f:id:igadget:20171024182409j:plain

Sponsored Links
 

Windows MRって何?

Windows Mixed Reality 仮想と現実の融合。

新たな時代がやってきました。MRって特に複雑に考えていく必要はないです。

現実に無いものを現実世界に融合させる。そんな感じです。紹介動画が一番伝わりやすいですね。


Windows Mixed Reality へようこそ

ただ、なんでしょう。

水を差す感じになりますが、現時点で、コンテンツが充実している訳ではないです。

未だサービスが開始されたばかりの発展途上ですから、今後を期待しています。

一応ね。今はこんなことをしている。

僕が読者登録しているブログも見てます。仮想のお部屋でね。平面だけど実際は部屋にいる感じ。

f:id:igadget:20171025222355j:plain

映画も見れる...。僕はツタヤ派だけど。

f:id:igadget:20171025222747j:plain

NEWSを見ようとしたら客人が踊り出す。ぶっ!

f:id:igadget:20171026004036j:plain

 

MRデバイスメーカー

満を持して Microsoft がWindows MRを家庭向け用に投入してきました。

Microsoft は Windows 10のFall Creators Updateで MRを後押し。方針に賛同したメーカーがデバイスを販売しています。
Windows MRデバイスの特徴は、WQHDクラスの高解像度(2880×1440相当)であることもそうですが、HMDに外部を映すためのカメラが備わっています。

 

インサイドアウト方式の6軸センサー内蔵

 

外部センサーが不要で部屋を歩けます。仮想と現実の融合になります。

仕様は同じですね。後はお好きな好みでって感じ。

f:id:igadget:20171024183246j:plain

 

HP社製を購入しましたが、購入される場合は実際に見て触れて被っての方がいいです。

眼鏡をかけると、若干の圧迫感を感じましたね。PSVRは眼鏡をかけても圧迫感がなかったため、どうしても比較してしまいます。

 

 

開封セレモニー

いつもワクワクです。子供と同じです。

f:id:igadget:20171025223259j:plain

f:id:igadget:20171025223313j:plain

f:id:igadget:20171025223325j:plain

f:id:igadget:20171025223340j:plain

f:id:igadget:20171025223351j:plain

 

パパさん。前に買ったんじゃないの?

 
 

前はPSVR、今回はPCVR...。

 

 
 

何も言えね...。

 

左のPSVRと比較すると横幅がやや狭い。メガネが窮屈の原因

f:id:igadget:20171025223358j:plain

hdmi と USB 3.0 が必要です。

f:id:igadget:20171025223431j:plain

 

設定は非常に楽ちん

Windows MRをhdmi に接続すると、Windows Update が始まった。

Windows 10 Fall Creators Update 無料だよ。

その後は、GUI操作に従って「次へ」を押す。

Windows MRの特徴は空間を意識できる。つまり、歩けるから部屋のサイズを教え込む必要がある。単純にデバイスを持って歩くだけ。

f:id:igadget:20171025223802j:plain

f:id:igadget:20171025223816j:plain

f:id:igadget:20171025223829j:plain

 

Sponsored Links
 

何が出来るの

簡単な実例を挙げるとキリがない。

多分、想像して行くだけで馬鹿丸出しになる。

ゲームとか映画とか、そういうのはよくある。ただね、昔からこういうのは決まっているんだよね。ハードを売るためにね。

君の実際の部屋にイケメンがきたり、綺麗な女性がきたり。まぁ、そんな感じで瞬く間に台数が広がっていくのだ。笑

f:id:igadget:20170426230643j:plain

とりあえずマインクラフトは欲しいです。

 

まとめ

特に纏めることがない。ごめんなさい。

あっ、これからは、ユーチューバ-から変わっていきますかね。

Vチューバ、MRチューバ、VRチューバ 勝手に用語を作って埋め込んでおきます。
今後の検索キーワードのためにね。

VRチューバ は空間を提供する。家に招待されている感じ。安価なカメラも既に発売されています。

ん〜とね。シーターって感じ

f:id:igadget:20171025230825j:plain

[引用:matome.naver.jp] 

はい、シータ

 

これで、君の部屋を撮影して動画をアップすれば、世界中の人達が君の部屋にお邪魔をしてくる。

想像するとちょっと怖い。凄く怖い。

そもそも、VRとかMRとか。人間が視覚でみる映像と同じようにデバイス側で見せるため、脳では目で見ている世界と同様に感じとってイメージ化されます。
デバイスが優れているというより脳が感じとる方法を仕様に用いているだけです。

未来が、着実に現実になって来ていますとだけ伝えておきたい。
参考程度の情報です。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links