下級てき住みやかに

【自作PC】PCVR-Windows MRを購入したのでパソコンを組み立てた。備忘録として手順を残しておきます。

Windows MR(Mixed Reality)の購入、副業としている結婚式の動画編集の作業に伴い、マシンのパワー不足を感じ始めたため PCを一新しました。

最近は、ハードの相性もよく、自作PCの敷居も低くなってきた印象です。

国内メーカーの信頼性といえど、ロゴ以外は他社の海外製ですよー。

備忘録レベルで役に立つかわかりませんが、要点を含め手順を残しておきます。参考レベルにでもなれば幸いです。

f:id:igadget:20171022224741j:plain

[引用:http://jp.thermaltake.com]

Sponsored Links
 

自作PCのイメージとしては、スプラトゥーンっぽいパソコンにしようとしました。

「高ッ!」見た目スプラトゥーンは諦めよう....。
ピンクはクーラントです。水ですね。車のラジエターと同じ原理です。

CPUを冷やす水冷式のクーラーの大型版ですね。グラボもしっかり冷やしてくれる。

 

テンタクル!補充しとく?

 
 

無理。買えないよ。

 

 

 

因みにWindows MR は今後、爆発的に普及すると思われます。

「Mixed Reality 仮想と現実の融合」ガジェットですから、流行りものは抑えておく。

用語だけでも覚えておいてね。普及する理由はね

「人間は欲望の塊」だから。笑

後日、レビューします。( ̄∀ ̄) ウヒョ。

 

準備したもの

f:id:igadget:20171023213245j:plain

ハード 説明
CPU  IntelとAMDがあります。迷ったらIntelをお勧め。
マザー Intel用とAMD用がありSocketの規格があります。
クーラ 普通はCPUに空冷式がバンドルされてますね。
HDD 容量と回転数を確認。SSDの方が読み書きが早いですが割高です
電源 値段もピンキリ。コンデンサがショボいと壊れやすいです。
グラボ ゲームや動画編集などの重い処理をしないのであれば不要です。
メモリ 主流はDDR4です。最新のマザーはDDR4の一択になりますね。
ケース お好きな大きさ、デザインをチョイス。これ!っていうのはないかも。
ドライブ DVDとかBlu-rayとか、Netに繋がっていれば最近は困らないかも。
OS Windows 10の無料アップデートが終わったわけではないです。Windows 7以上のライセンスを持っており、かつ、一度でもWindows 10にアップしていれば、MicrosoftからWindows 10のISOイメージをもらうことができます。

Windows 10 のダウンロード

 

PC組み立て手順

あくまでも参考レベルです。(*ノωノ)

 

電源ボックスを取り付け

f:id:igadget:20171023225100j:plain

 

マザーボードにCPUを載せます。

マザーボードの箱に入っているスポンジや箱の上で組み立てると良いです。
方向は決まっています。変な方向だと入りません。
また、マザーのCPUのピンはもろいので注意です。

f:id:igadget:20171023225759j:plain

カチッとロックします。

f:id:igadget:20171023225808j:plain

 

CPUクーラを取り付け

CPUクーラー側にグリスの付いたシールが貼ってあります。これは、CPUとクーラの接地面に凹凸があるため冷却能力が落ちるためです。

クーラを再度取り付ける場合は、市販のグリスを使用しましょう。

ここでは、水冷式のクーラを取り付けてます。マザーも付けてしまいました。

マザーを取り付けるときは、シルバーのバックパネルがありますので先にケースに取り付けておきましょう。

f:id:igadget:20171023230803j:plain

 

メモリを挿します。

基本は2枚指しになります。デュアルチャンネルですので挿す場所は決まってます。
色で示されていたり、アルファベットで書いてありますね。

「カチッ」と音がします。メモリが上手く挿さっていないと後のバイオス画面が起動しないです。

f:id:igadget:20171023231551j:plain

 

Sponsored Links
 

 

ケーブル類を取り付け

マザーボードの説明書に記載されています。基本的にはコネクタの形状が決まってますので迷うことはないと思います。ケーブル類はケースに附属されていますよ。

最近のマザーボードのマニュアルは、日本語で丁寧に書かれてます。昔は英語だけだったような気が..。

f:id:igadget:20171023232033j:plain

 

グラボを取り付け

最小構成で起動確認すればよいのですが問題ないので取り付けておきます。

f:id:igadget:20171023232241j:plain

f:id:igadget:20171023232415j:plain

 

HDDと電源コードを取り付け

なんとなく縦置きにしてみました。HDDもSATAケーブルという規格なので間違えることはないです。

f:id:igadget:20171023232610j:plain

 

起動確認とOS再インストール

チップの相性が良かったので前に使用していたHDDでWindows 10 OSが起動されました。でも、いつもクリーンインストールしています。

f:id:igadget:20171023232933j:plain

 

完成

うむむ。何かが寂しいぞ....。まぁいいや。

f:id:igadget:20171023233743j:plain

 

テンタクル!いっとく?

 
 

やめとく。無理

 

 

 

前のPCは寄贈する

使っていたPCは再構築後に、無償のOpen Officeなどをインストールして、地域の学童の施設に寄贈しています。子供たちの放課後倶楽部ですね。

僕も新しいPCを買うきっかけを与えてもらっている。自分に都合のいい解釈なんだよ。笑

今回はサーバー型を寄贈する。

f:id:igadget:20171024010643j:plain

小学校の教育の方針で、PCで宿題をするという項目があります。PCが家庭にあることが前提になっているから、ちょっと疑問に思うよ。

 

 

ふーん。方針って何?つおいの?

 

自宅にPCが無ければ地域に1台の公民館や、友達のものを使うという感じ。

友達いなければどうするつもり?現代の子供達は意外に複雑な関係だよ。変なストレス与えて欲しくないんだよね。

 

 

Office で書いて印刷する宿題。
そんな学習なんて要らないよ。
ぷんすか!

 

話しがずれた...。PC作成手順でした。読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links