下級てき住みやかに

【介護】妻が夫を忘れる? リアル「私の頭の中の消しゴム」日常的だから深刻だよ。

穏やかな日常。手を取り合って公園を歩んでいる老夫婦を見かけると、心が温まり微笑ましく思えてくる。

いろんな苦難を乗り越えてきた二人。

嬉しいこと。嫌なこと。二人だけで共に時間をかけて歩んできた。何だか素晴らしいよ。でも、ある日をきっかけにわからなくなった。

お二人は、本当に夫婦なのですか?

f:id:igadget:20170921213552j:plain

Sponsored Links
 

 

嫁が勤務している介護施設を手伝うことがある。

もっぱら、電化製品の購入、搬入、設定を全て一人で請け負っている。

気分だけは町の電気屋さん

大型家電店のポイントをくすねて、手間賃をもいただく。趣味を兼ねた割と美味しいお手伝い…。ガジェットの名に恥じぬよう黒物家電、白物家電には、値段相応にとことん拘る。

使い方は、猿でもわかる説明書を作って置いてくる。詳細を説明すると、うんちく多すぎ!!って誰も聞いちゃくれないから。

全くもってプンスカだよ。まぁ、そんな感じ。

 

新たに購入した、介護スタッフ用のPCをセットアップするために介護施設へと向かう。

ホールで、手を取り合って座っている仲の慎ましい夫婦を見た。

f:id:igadget:20170921231554j:plain

 

 

夫婦で介護施設に入居しているんだ。
子供に迷惑をかけない感じ? 微笑ましいよね。

 

ボソッと呟いたところ、介護スタッフが口を挟んできた。

 

パパさん。違いますよ。
認知が入っているから混乱しているんです。
何でも同級生らしいですよ。

 

※嫁の会社では、パパさんと呼ばれている。

 

たまに、旦那さんがきて、嫌な顔をされていかれます。
認知の初期症状があるとはいえ、長年連れ添ってきた仲ですから嫉妬もされますよ。
抱きしめるような仕草もありますからね

 

 

認知症介護の新たな問題を垣間見た気がする。

「私の頭の中の消しゴム」の映画を思い出したよ。若年性アルツハイマーの話だから、涙を誘い感動する。

 

 

高齢者が普通にアルツハイマーになって旦那のことを忘れる。当たり前すぎて、周囲の関心はあまりないのかも知れない。でも、爺さんはとっては辛いよね。

f:id:igadget:20170921231742j:plain

まぁ、抱きしめると聞いても高齢者だから。

倒れないようにお互いを支えて、介護しているようにしか想像は出来ないんだけど。

 

一般的な老老介護の解釈は、自宅で高齢者が高齢者を見るという体力的にも、精神的にも厳しい状況を表す。でも、それだけではない。

爺さんは、婆さんを施設に入れたとしても、保護者として介護に携わらなければならない。

年金を切り詰めながら施設代を支払い、婆さんのために似合いそうな洋服を準備する。好きな食べ物を送り届け、リハビリ計画についても話し合う。

病気だとはいえ、施設に顔見せに行った時に、知らない人と慎ましく手を握っている。
老夫婦だからといっても、長年連れ添ってきた実績がある。

高齢者の恋愛なんて、全く持って興味は沸いてこないけど、爺さんの気持ちを察するとね。なんか、やりきれなくなってしまったよ。ちょっと切ないなぁ。

どんな気持ちなんだろうってね。

高齢者版「私の頭の中の消しゴム」の切ない話...。

Sponsored Links