下級てき住みやかに

【めまい 】目が回るから病院も回るしかないよ。ふらつきの原因をしっかり特定して完治しましょう。

朝起きて、強烈なめまいが生じ、歩こうとしても左右に傾くようにふらつく。
そういう経験ありませんか?立ち眩みとは違う景色が揺れる感じ。思うように歩けない状態に初めて陥りました。

f:id:igadget:20170809232157j:plain

Sponsored Links
 


車の運転に支障があると判断したため会社を休み、ふらつく原因を特定するため病院を駆け巡ったというお話です。

会社を休みにくいサラリーマンの宿命はあるかと思います。しかし、数十分経過してもおさまらないような、めまいをあなどらずに、しっかりと医師の診断を受けたほうがよいと思います。

放置すればするほど酷くなっていきますからね。

僕も、仕事を思うように休めないところがあり、自己免疫力で治癒してしまおうとする悪い癖がありますが、早めの処置が必要であると思いました。

めまいの原因

めまいの原因は多数あります。頭痛があれば脳神経外科から、耳に違和感があれば耳鼻科からという感じで回られた方が効率が良いと思います。

回転系のめまいの特徴は三半規管がある耳。フワフワしている感じや視界が暗くなる場合は脳です。

 

f:id:igadget:20170810220635g:plain

[ 出典:http://www.toriko-net.com ]

 

僕は、脳に痛みがないこと、左右対称の動きが正常にできること、耳の痛みや耳鳴りなどの違和感がないことから、かかりつけの内科から受診しました。

結果的に、内科、脳神経外科、耳鼻科と病院を駆け巡り、3つ目の耳鼻科で良性発作性頭位めまい症であることがわかりました。

そもそも論の原因はストレス的なもののようです。現在は点滴と薬の服用で様子を見ています。今のところは調子が良いようです。 

めまいの原因特定は、検査結果から消去法で判断していくものと医師が言っていましたので、いつもと感じが違うと判断した場合は、早急に会社を休むことを決断し病院に向かわれたほうが得策です。本当にたらい回しになりましたので。

f:id:igadget:20170810223325j:plain

 

医師の初診で、めまいの症状を説明する場合は、回転系なのかフワフワする感じであるか、また、頭や耳に違和感あるかを、自己分析して詳細に説明されたほうがよいと思います。検査を行う初動が違うようです。

僕は、上手く説明できず、ふらつくという説明ばかりしていたためフルコース検査になりましたね。

参考になるかわかりませんが、何日も会社を休めない貴方のために、めまいの原因を特定するに至るまでの病院巡りの記録を残しておきます。

 

めまいの原因を探す

 

内科へ

目覚めるとめまいが生じ、ふらついて歩けませんでした。不安になり、いつものようにグーグルで検索してみたところ、脳、耳、精神、更年期障害…etc 多数の情報あり。

メニエール病をいち早く疑いましたが、難聴や耳鳴りなど耳への違和感もないため、かかりつけの内科に行きました。

 

医師の指を目だけで追うという検査で、左右のどちらにめまいが生じているかわかるみたいです。

ふらつきが生じている場合は、目の動きが追従できないなど特徴があるようですね。

めまいの症状を上手く説明できなかったため、念のため大きな総合病院で脳検査をした方がいいと言われ紹介状を書いてもらいました。

脳神経外科へ

脳神経外科に紹介状を出し、待合室で1時間程待たされました。
総合病院の朝は特に混雑しています。早めに判断して行動された方がよいかと思います。特に高齢者の患者が多く待ち時間が長い印象を受けました。

脳神経外科では、MRI検査の画像が全ての判断材料になると思います。MRI検査は必須みたいです。

脳神経外科の先生も、とりあえずビールの感覚で、MRIをしましょうという感じですね。

 

MRI検査は時間を要すため、当日に予約できる保証はありません。僕は、運良く2時間後のMRI検査予約が取れました。

金属製の物を外して、指定のパジャマに着替えるように指示されます。
「金属はないですか、閉所恐怖症ですか」歯の詰め物レベルには問題がないようです。
MRIのビデオを10分間程見たのちMRIのベッドに横たわります。脳の検査のみで20分程です。

MRIの検査中は、非常にうるさい音が発生するためヘッドホーンを耳にかけられます。心地良いBGMが流されスタンバイ完了となります。

MRIの検査開始と同時に、「ダンダンダンダンダンダン」ピアノの超低音域を最大ボリュームで連弾して鳴り響くような感じでした。予想以上にきつい印象でしたね。

  • 時間が長い
  • 空間が狭い
  • 音がうるさい
  • 身体を動かせない。

f:id:igadget:20170808234651j:plain

結局、MRIの結果に問題はなし。脳的には問題がないとのことでした。後は、精神科や耳鼻科に個人の判断で行ってきてくださいとのこと。

脳神経外科でできることはここまでです。

「えっ?」正直拍子抜けしました。仕方がないです。医者も万能ではないですから。脳には異常がないという疑いがまずは晴れた。よしとします。

耳鼻科へ

ここで、既に夕方。総合病院で当日の耳鼻科の予約が取れなかったため、かかりつけの耳鼻科へと足を運びました。

内科と脳神経外科を回り、MRI検査に問題がないことを耳鼻科の医師に説明。

脳に異常がない、かつ、外耳にも異常がないため、三半規管に問題ありという診断に至りました。三半規管に異常をきたす原因は別れますが、医師の判断の元、良性発作性頭位めまい症という病気でした。

最初から、耳鼻科に行っていればと、医師にも言いましたが、MRIの結果があって判断できることもあるとのことでした。

三半規管は骨の中にあり、脳の腫瘍により内耳を圧迫する場合もあるため、総合的な判断は必要ですとのことでした。

まとめ

通常と違うような違和感があれば、医師の診断を受けましょう。

低血圧で急に立ち上がった際の立ち眩みとかではなく、歩いているだけで、いずれかの方向に傾く場合は、早めの治療が必要だと思います。

めまい、頭痛、ふらつきなどを理由に会社を休もうとすると気合が足りない、放置すれば治る。昭和的な発想で返されますね。

脳に異常がある場合、突発性難聴、メニエール病など、早い段階で治療を開始する必要がある病気がああります。

仕事も大切ですが、やはり体が一番です。早めに完治して、バリバリ働きましょう。

補足ですが、3つの病院を回りましたので会計報告です。民間の病院であるため参考レベルに掲載しておきます。健康保険証を使用しての金額です。

処置 会計
内科 初診・紹介状 1,600
脳神経外科 初診・MRI・診断 6,760
耳鼻科 初診・検査・注射・薬 2,690

 

Sponsored Links