下級てき住みやかに

【高齢者】年寄りやっぱり汚いか。それとも君の心が汚いか。心の汚れは水では落ちないから。

なんとなく目の当たりにした日常の光景。他の夫婦のことであり全く関係はない。しかし、なんとなく切なくなって愚痴ってみたい。

 

介護施設に入所している義母に着替えの洋服を持っていく。定期的な休日の日課。

f:id:igadget:20170626235915j:plain

介護施設には、衣類を洗濯してもらえる有料のサービスがある。洋服のデザイン、素材、洗濯のマークは、度外視され衛生面と時短が常に最重要視される。

大型の洗濯機に大量の洗剤と漂白剤、素材を分別せずに衣類が投入される。

そして、色褪せて、小さな毛玉がデザインされた洋服へとリニューアルされてしまう。
介護施設を責めるつもりはない。前提にある当たり前の優先度。クリーニング屋にお願いしているわけではないのだから。

 

それでも、定期的にファッションセンターしまむらに出向き、季節の洋服を買い揃えて持っていく。無駄な悪あがきではあるが承知している。個人的なプライド。義母はおしゃれが好きだから。
洋服を作ってくれている人。本当にごめんなさい。

Sponsored Links
 

介護施設の駐車場で、40半ばぐらいの夫婦の揉めごとに遭遇した。

一時的に外泊していた施設の利用者を連れて戻ってきたようだ。車の後部座席から高齢者を降ろし、車椅子に移動させようとしている。

休日は介護スタッフが特に少ないから普通に見かける光景。

奥さんが、旦那に必死に叫んでる。

「ねぇ手を貸してよ。肩を貸してよ。倒れるよ。」

たまたま、目に飛び込んだ光景。非常に危なっかしい。高齢者が躓けば、即骨折して、数ヶ月の入院になる。ガラス細工と高齢者の骨の作りは変わらない。骨粗鬆症とは非常に厄介な病気であると思う。

それでも、旦那は動く気配がない。よだれが汚いからとか、いろいろ口論をして介助するのをひたすら拒んでいる。身内であろう婆さんに触れることを、あからさまに拒否しているようにしか見えない。

「もう、駄目だから」奥さんが必死に訴えている。

とおりすがりの余計なお世話。か細い奥さんに、1.5倍ぐらい体重がある婆さん。よく見かける転倒パターンに思える。

さすがに見るに見かねて手を差し出した。ふぅ、間に合った。嫁の介護の仕事を幾度か見ているから何となくではあるが要領は覚えている。全体重をかけてくるから、やっぱり重いよね。

丁寧にお辞儀をされるが、どうってことはない。つまらない揉め事で余計な税金を使うなよと単純に思う。触れる、触れないのくだらない身内の討論で、誰が100万を超えてくるであろう治療費を払うというのだろう。少しは考えていただきたいものだ。

その後も、駐車場で二人で揉めている

「私の親だよ。どうしてなの。信じられない。」

もう、後は勝手に揉めて下さい。

 

その旦那の読みどおり、ご丁寧に、よだれをつけられてしまった。僕は、正直に汚いと思う。全く知らない人のよだれ。石鹸を使ってよく手を洗っておこう。単純にそれだけのことのような気がする。

f:id:igadget:20170627002727j:plain

 

用事を済ませた帰り際、先ほどの夫婦の親が入所している部屋の前を通りかかる。
先ほどの婆さんが財布から、1万円札を取り出し、汚いと罵った旦那に手渡している。

「なんか、美味しいものでも食べて帰りなさい。」

旦那は、躊躇せずに受け取り婆さんと握手をする。

「お義母さん。また来ます。」嬉しそうに言う。

他人の家の諸事情。単なる通行人A。僕には全く関係がない。でも、なんかものすごく虚しさを抱く。お札の力って凄い。そして強い。

1万円で取引される需要があって供給のない哀しい握手会を黙認した。

 

僕が納めている年金も、巡り巡って、そんな使われかたもされている。哀しいよね。現実の世界って。

諭吉を想って顔が猛烈にほころんでいる赤の他人の旦那さん。

・年寄りはやっぱり汚いかい。

・お札はやっぱり綺麗かい。

・あなたの心は何色かい。

奥さんはとっても不機嫌そうな顔をしている。受け取ったお札を奥さんに渡して、義母の服でも買おうかぐらいに丸く収めた方が、マイナスの気分ではあるがトータル的には救われるような気がする。

余計な、通りすがりの意見ではあるが、僕が彼の立場ならば迷わずにそうする。大切な休日。夫婦喧嘩に使うエネルギー代金なんて、1万円を遥かに超えてくるのだから。

お金なんて、キャッチアンドリリースぐらいの余裕がないと貯まらないように出来ている。お金の仕様ってとっても難しい。

突然に降って湧いたようなお金をどう扱うのか、今、試されているんだと思うけど。
等価の取れていないお金なんて、選択を誤るとマイナス1万でもマイナス10万円にでもなり得る。世の中ってそういう感じで、アンバランスに出来ているのだから。

躓きそうな老婆に手を差し伸べる。たったそれだけのあたり前の出来事。

汚れたのであれば手を洗えばすむ。

心まで汚れてしまうと水では落ちなくなるから。

大切な人としての心。絶対に見失わないで欲しいと切に願う。

なんとなく切なくて愚痴ってみた。ごめん。

Sponsored Links