下級てき住みやかに

過去の日記を捨てることについて考えてみた。

みんな日記ってつけてた? 絵日記とかじゃなくて、もっとセキララなやつ。そうキキララ的なね。

f:id:igadget:20170428212212j:plain

Sponsored Links
 

 

過去の日記を発見。さぁどうする。

去年の秋に実家を整理していたら出てきたんだよ。大量のネガティヴ人生記録がね。

媒体がパピルスってる。紙だよ紙。のうぁ〜! 忘れていた。しかも、10年間の記録だよ。3650 日分の キキララ のドキュメンタリーだよ。

f:id:igadget:20170428224453j:plain

[出典:サンリオ]

小学生から結婚する直前迄を綴った人生の放浪記。放浪はしてないけど。誰も見てないよね。まじ、焦る。

さぁ、どうする。

◆これ、一番あかんやつやん。

◆情報漏洩じゃすまないやつ。

◆まじ死ぬで~ってなるやつ。

 

あのね、自分で見るのも怖っと思ったんだけど、おそるおそる見る。

ところどころに「死にたい」はて? なんだよこれ。まじネガティブ。デスノート?。見たら死にそ!

自分で書いておいて、愚かさと、恥ずかしさと、懐かしさで泣きたくなる。

3650日分の人間成長記録がある。まじ、なにを血迷って始めたんだよ。小学生の時の自分。「今日から日記はじめます。」ははッ、冷やし中華なみ。お前~責任取れよ〜。

駆け引きなしの実話。リアルノンフィクション。事実は小説よりも奇なり。

奇しかない。これ、まじできもい。

 

仮にだよ、仮に僕が著名人だったらね、確実に人生記として売り出す。

  • 成功へと導く男のロマン
  • 子供の育て方は成功者の日記から学べ

表紙の写真は、斜め45度から写真を取る。ん?それ 42度でしょ。あんたそれでもプロのカメラマンと言えるの? 鼻で笑っちゃうよ。(*'ω'*) そして、増版されてヒャッホーてなる。

でも、現実は、ボロサラリーマン。世に出たら間違いなく「長い間お世話になりました。」ってなる。

 

人間ってね。記憶力に限界ないんだよ。体験したことは寝てる時に一旦整理される。

でね、この体験は貴重だから、まじ記録しとくぞ。これカス体験だからゴミ箱に捨てとくぞって感じで編集される。

昔のことは覚えてないじゃなくて、正しくは引き出せない。思い出せないが正解。

しかしね、キーワードをどんどんと脳に与えていくんだよ。じょじょに、じょじょに、ジョジョの奇妙な冒険みたく。そしたらさ、

「オラ、オラ、オラ、オラ」記憶蘇る。

f:id:igadget:20170428220848j:plain

忘れていた記憶がね、脳裏に描かれるんだよ。

脳がね、ブツクサ言いながら、捨てたゴミ箱をあさってインデックスつけて記憶を再構築する。

パンドラ開けるけどいいの?脳が脅す。

体験した自分のリアル日記はね。読んでいると情景が出てくる。何十年も経て湧き上がる恥ずかしさのオンパレード。

「僕は、このまま生きていてもいいですか?」

Sponsored Links
 

日記を処分する方法で考えてみた。

過去の日記を処分するか否かについて。

漏れたら絶対にあかんと思ったね。だから、即行でドンキ行ったよ。シュレッダー買いにね。

記録媒体の中で一番保存期間の長いものが紙。HDDでも、CD媒体でも、磁気テープでもない。これは、まじ。情報系の僕が言う。じゃあ、石に彫った文字はどうなの?とかはなしね。紙は残るからやばい。

 

ドンキで買ってきたよ。手動でクルクルするやつ。よーし。クルクルするぞ〜。

ん…。クルクル?

どした、クルクル。くるくる? 頑張れ…。。

 

出来ないよ。出来ないんだよ。思い出を引き裂くことなんて、僕には出来ないんだよ……。

処分できる人はどうぞ。シュレッダ紹介しておく。

 

 

でね、今もある。どんとある。さぁドンとこい。

f:id:igadget:20170428220538j:plain

でもね。みせ〜〜ない。

涙はきっといつか虹となり世界照らしてくから。

by Greeeen

 

日記を活かす方向で考えてみた。

日記の使い道を考える。捨てるの燃やすの簡単。

でも、思い出したい情報もあった。

忘れかけていた記憶を引き戻して涙したのも事実。

全米が泣いたぐらいの衝撃がある。興行収入ナンバーワン。アバターも超えたね。自分が体験してきた全てだからね。

だから、ぼやかしながらでも、気付けるように何処かにキーワードを埋めることを考えた。

10年の全ては無理だから、チョイスしつつ体験を語ろう。

でね、行き着いた先が、ブ・ロ・グね。

当初はガジェット系で纏めるつもりだったけどネタ切れで、即行で雑記に変更。いいんだよ。

ネタがない時、ちょいちょい淡〜い体験記をぶち込む。ジョジョにオラオラオラをぶち込む。

オブラートに包んでマスクはする。マスク重要。依存症だし。

Sponsored Links
 

日記を捨てれない人もいると思う。いざ捨てようと思っても、僕は、あっ無理かもになった。燃やしても構わないなら燃やしてもいいよ。もちろんね。

捨てなければリアルに見つめなおすこともできる。人生の体験談が次に失敗しないための貴重なバイブルになる。偽りじゃなく本音の記事が自分用としてある。

いいこと、嫌なことを体験して生きながらえたワザップがそこにはいっぱいある。


だからね、いつでも頭に引き出せるように、ブログにキーワード埋め込んでいく。キーワード拾えれば自分で繋げて思い出せる。

活用してから処分することに決めたよ。でも、いつまでも残しておくのは、まじやばい。これ本音。

f:id:igadget:20170428224948j:plain

もし、日記を捨てれずに悩んでるならブログでもしてみなよ。「人生はこうである」的なポジティブ雑誌で救われる人もいるけど、君の体験した回答を待ってる人も世の中にはたくさんいるよ。

ブログが飛んだらどーすんのかって?
知らないよ〜そんなこと。笑

ブログが飛んでも、読者の心に僕の記憶の欠片が残ればそれでいい。それが生きた証だから。

なんて! おしまい。