下級てき住みやかに

【対処】AppleWatch2 ダイヤル デジタルクラウンがまわらない。

AppleWatch を使い続けているとデジタルクラウン(ダイヤル)が重くて回らなくなる場合があります。

f:id:igadget:20170408204738j:plain

【スポンサーリンク】
 

スポーツジムで、自分が何処に向かっているかわからないくらいひたすら走っていましたが、汗で塩にでもやられてしまったみたいです。
AppleWatch の構造上、デジタルクラウンが回りにくくなるのは普通にあるようです。

そんな場合は丸洗いするのです。

 

アップルのメンテナンス手順で正式に OK 手順を公開しているので堂々と丸洗いします。

Digital Crown が動かなくなった場合

埃やごみがないか確認し、Apple Watch の汚れを拭き取ります。Digital Crown の周辺に埃やローションなどが付着している場合は、以下の手順でお手入れしてください (必要に応じて、お手入れを繰り返してください)。

Apple Watch の Digital Crown を使う - Apple サポート

因みに Apple Watch Series 2 のみのサポート手順になります。

デジタルクラウンが重く回りにくい場合の対処

1)電源をOFFにします。

2)革製のベルトの場合は外しておきます。

3)ぬるま湯の流水をデジタルクラウンに10秒~15秒ぐらいかけます。

  デジタルクラウンをぐりぐりしましょう。

f:id:igadget:20170408205518j:plain

風呂に入れてしまった。Apple Watch Series 2 は防水なのでOKです。

4)タオルで水分を拭き取ります。

f:id:igadget:20170408210021j:plain

 

水抜きしなくてもOKでした。意外にこれだけであっさり直りますね。

久しぶりのぐりぐり感触が復活しました。AppleWatch に suica などを入れて清算しているため充電とお風呂以外は、ずーっとつけているような気がします...。

意外に siri も便利だしね。

【スポンサーリンク】
 

デジタルクラウンの回り具合が悪くなり、壊れたかなぁと一瞬焦りましたので備忘録がてらに情報を載せておきます。