下級てき住みやかに

テレビは4Kと2Kのどっちを選択すればよいのか

家電量販店の店員さんに、『4Kテレビは、とても綺麗なんです。』と言われても、そんな事は十分にわかっていますよね。( ´艸`)

f:id:igadget:20170314213953j:plain

 

テレビは綺麗だから購入するという流れではなく壊れた、あるいは、増やしたい時など必要に迫られるまでは中々購入に踏み切らないと思います。

さて、テレビをいざ購入しようと検討した場合にテレビのサイズを選択する楽しみもありますが、4K、2Kの選択肢でも悩むかと思います。

ん? 悩まない? ごめんなさい〜。2Kと4Kの選択の話なので興味がなければスルーして下さい。

 

4Kテレビと2Kテレビって結局どっちを選択すればよいのか

4Kテレビは価格破壊が起こり非常に安くなりました。しかし、それに伴って2Kテレビも更に安くお買い得になっています。
4Kと2Kが同じ価格帯ならば、特に悩む必要もありませんが、4Kテレビは、2Kよりもまだまだ割高です。

f:id:igadget:20170314224821j:plain

 

4Kテレビは4Kで放送番組が見れるの?

4Kテレビを購入しても4Kで放送を見ることができるのかといってもそうではありません。

4Kテレビであっても、地上波デジタル放送(民放)は1440×1080HD解像度であり、1080i(インターレス フレームを半分づつ表示)を受信した情報でしかありません。

4Kテレビにアップコンバータ機能がありますが、2Kのテレビの画質となんら変わりません。

しかも、地上波デジタルは、2KのFHDにすら追いついていないというのが現状です。

とても重要な点ですが、4Kテレビを購入したけど地上波デジタルの画質がぜんぜん変わらないと聞くことがありますが、変わらないが正解ですね。

入力側のソースが4Kになることで始めて、4Kテレビとしての恩恵を受けることができます。

 

4Kテレビで4K放送を視聴する場合

地デジ放送が4K配信に向けてシフトする方向に、向かっていないようです。

現時点で、4K放送を視聴するためには、ひかりTV、CS放送など有料チヤンネルへの加入が必要になります。

f:id:igadget:20170314222636j:plain

テレビには、アンドロイドOSが入りネットワーク機能が備わり、スマホのようにアプリケーションをインストールすることもできます。

最近のテレビはテレビに留まらず、大型のタブレットになります。

4Kテレビであれば、youtube 4K(メーカー対応に準ずる)を見ることも出来ます。

4Kを選択するメリットは用途次第といったところです。

 

2Kテレビと4Kテレビを選ぶ目安 

テレビは、あくまでも地上波デジタルを見るという目的で、かつ、別途CS放送などには加入しないという前提であれば、2Kテレビをおすすめします。
地上波デジタル、BSデジタルを2Kで見ても4Kで見ても、そもそもの入力ソースが変わらないため、見た目も変わりません。なんとなく4Kにしましたではちょっともったいないかも知れません。

2Kは、1080pのFHDですのでブルーレイ映像の画質は保証されます。

4Kを購入したからといって、地上波デジタルが2Kより、はるかに綺麗に映ることはありません。(アップコンバータによる微妙の違いはあります。)

 

テレビを地デジ以外の目的でモニターとしての利用用途を含め検討される場合は、4Kテレビをおすすめします。
youtube 4Kや ps4 pro、UHD、カメラの静止画、アップコンバータ機能、CS放送 etc どれを取っても、FHDの4倍の解像度は圧巻で綺麗です。

スーパーハイビジョン8Kの繋ぎと揶揄されても、やはり現時点においては魅力があります。

f:id:igadget:20170314225026j:plain

 

4Kを選択されるか、2Kを選択されるかについては、地上波デジタルとしての利用用途が高ければ2K、モニターとしての利用用途が高ければ4Kの選択肢で良いと個人的には思います。

本当に、4Kテレビを購入しても4Kの放送番組は見れません。番組は有料なのでお金を出してまで観るかと言われれば躊躇しますね。お金ないですし。

テレビの利用する用途に応じ、追い銭してでも将来的な価値を見出せれば、4Kの選択に間違いはないと思います。

大は小をかねますので、高解像度は低解像度をかねることは間違いないです。

 

テレビの購入を待つという選択肢

現在の主流の薄型テレビといえば液晶です。

液晶テレビは自己発光しないため、倍速、4倍速の機能が備わっていても、早い動きの追従には非常に弱く残像が残ります。

4Kテレビであっても、動きの早い映像は残像が残ります。液晶テレビの宿命です。
間違いなく数年後には、自己発光する有機ELのディスプレイに遷移していくかと思います。 

 

待つという選択肢として、次期iPhoneのディスプレイが有機ELの可能性が高いため、爆発的に広がることで、有機ELの需要と共に供給が安定し、有機EL自体も安価になります。

現時点で高価な有機ELの薄型テレビも、安価になると同時に横展開されてくることが予想できます。
数年後を待つというのも一つの手かもしれません。

有機EL、4K、HDR対応 これは最強です!