下級てき住みやかに

IQOS(アイコス)で少しばかり健康を取り戻す

IQOSに変えて少しばかりだけど健康を取り戻そう。

f:id:igadget:20170311135757j:plain

 

 

IQOSは本当に健康を取り戻せるのか

 

IQOSも所詮はタバコなので馬鹿げている話ですが、紙タバコを辞めIQOSに変えてから、およそ1年。

長時間のジョギングを続けても最近は疲れにくくなくなりました。

少しづつではありますが、肺がリカバリしながら徐々に綺麗になっていっているのではないかと誠に勝手ながら推測しています。

タバコは止めるのが一番!しかし、ニコチンから遠ざかるのも至難の業です。

少なくとも、紙タバコをIQOSに変更することで健康面に変化が出てくるのは、自分の経験した限り嘘ではないと実感しています。

 

タバコの害について

煙草は健康被害の塊です。健康面や経済面を考えるとタバコを止めるのが本当にベストなんですよね。

f:id:igadget:20170311134844j:plain

タバコの煙には、4,000種類の化学物質が含まれています。その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上にのぼります!
有害物質のなかでも、よく知られているのは、ニコチン、タール、一酸化炭素です。
そのほかにも、ペンキ除去剤に使われるアセトンや、アリの駆除剤に含まれているヒ素、車のバッテリーに使われているカドミウムなど、体に大変有害な物質がタバコの煙に含まれています。

http://sugu-kinen.jp/harm/material/

タバコの三大有害物質といえば、ニコチン、タール、一酸化炭素

IQOS は、火を使わず燃やさないから煙が出ない。あくまでも水蒸気に含まれるニコチンを摂取することを目的にしています。

ニコチンも、脳にダメージを与え続ける有害物質ですが、タールと一酸化炭素を除去できるだけでも、IQOSの恩恵には感謝しています。

副流煙もないため周りへの配慮もできますしね。

 

紙煙草をIQOSに変えて少し健康になろう

喫煙家の皆さんが、煙草を止めようとふと思う時はあると思います。

例えば、病院に張ってある真っ黒な肺のポスター。あれはインパクト大ですよね。タールがこびりついているのがよくわかる。

こうなっているんだろうなぁと考えつつ煙草をふかしている。

(-。-)y-゜゜゜結局ダメじゃん。

f:id:igadget:20170325174955j:plain

IQOSは、一酸化炭素やタールはクリアできていると勝手に思っています。

 

実際にジョギングしても酸素を取り込む力が増加している実感があります。

ジョギングしていて一番辛くなるのは、必要な時に酸素が足りないこと。酸素は長距離を走る上でとても重要なウエイトを占めています。
筋トレ、有酸素運動をしても、タバコを吸っている限り絶対的に酸素量が足りなくなります。

IQOSに変えて1年間、肺にタールをぶっこんでいない。(喫煙所の副流煙はありますけど)一酸化炭素も除去できるため、ヘモグロビンと結合せずに酸素も細胞にいきわたる。

勝手な思い込みかも知れませんが、IQOSに変えてから良い方向に身体に変化が出てきています。

 

実際に身体の細胞の中で酸素をエネルギーに変換してくれるミトコンドリアさんも、喜んでくれていると正直思っています。

 

ダイエットの延長から走り込むようになったのでちょっとアピール

www.gadget-underwood.com

 

IQOSのおさらいと政府関係者へ

政府関係者とは実に大きく出てしまった。

僕の弱小ブログじゃ届かないけど。一応書いとこ。

 

IQOSは加熱して水蒸気に含まれるニコチンを摂取します。IQOSは、火を使わないから実に90%の有害物質を除去しています。煙草により、将来の健康被害で社会保障を圧迫しないための措置として、煙草に高額な納税義務をし続ける認識でいます。

 

税金を取らないでとは言わないけど、有害物質をかなり軽減できるため、健康被害も考慮できていると思っています。

少しばかり税率を下げませんか。

税率ばかり上げると国民のストレスが溜まって別の病気で社会保障を圧迫しかねないと思いますよ。