下級てき住みやかに

【いじめ】ターゲットを変えて無視する人のことで悩むより、自分が変わった方が楽だということ

常に誰かをターゲットにして無視をする。
そういう人、周りにいませんか?

人に変わって欲しいと願うより自分が変わった方が結果的に楽だったというお話です。2分で読めます。

f:id:igadget:20170228223806j:plain

 

人を変えながら無視するということ

会社で挨拶をしても挨拶を絶対に返さない同僚がいます。しかし、他の人が挨拶するとしっかり挨拶を返しています。彼の視界には、もはや私は映り込まないようです。

彼とは、かつては飲み仲間でした。
彼の変わった行動は、常に誰かを憎み無視をするということ。ターゲットであるその人がストレスを理由に退社するまで続けます。退職すると、次にターゲットを変えて同じ行動を繰り返す。それを無意識のうちに楽しんでいるようにも見えます。

そして、3人目のターゲットが私に絞られました。私だけを完全にマークし敵対し無視したい様子です。

社内の出来事であり、ぎくしゃくして嫌な気分になるため、何故、急に挨拶をしなくなったのか訊ねたことがあります。それでも、彼は無視を貫きとおします。

仕事場に不穏な空気が立ち込めるため、何とか打破しなければと、勝手に自分で奮闘しストレスを溜め込んでいる時期がありました。


仕事の辛さより人間関係のトラブルが一番辛い。幾度か転職も考えましたね。
社交辞令は最低限の社会人としてのモラル。自分のものさしで判断し、どうでもいいことに彼のことで貴重な時間を費やしていたようです。

そのような状態が数年間続き、会社の下足箱で偶然2人になった時に聞いてみました。そして、彼の回答は

『生理的に受け付けない』

自分がつくづく馬鹿だったのかなと気付きました。

人を変えようという意志と自分を変える意識

彼にとっては、生理的に合わないことが何より優先すべきこと。
常に憎むべきターゲットを探し出し無視することが彼のモチベーション。

何故、自分が彼を変える必要性があったのか、『私には社内でトラブルやわだかまりなど一切ありません』とアピールしたかったのだろうか、誰に対して?

 


分かち合う必要なんてそもそもない。彼に対して何をしてしまったのだろうではなく、彼には私を生理的に受け付けたくないという明確な理由がある。

人を根本的に変えなければと無駄に正論を振りまいて奮闘するくらいなら自分が変わればよい。人の意志を変えるより自分を変える意識を持った方が実に楽だ。

こんな人もいるのだと。逆に哀れんでいればいい。

f:id:igadget:20170228230745j:plain


そもそも私は、カウンセラーでもネゴシエーターでもない。躍起になって人を変えるという使命感を持つ必要すらない。

まとめ

ターゲットを変えながら人を無視するという行動。
私には到底、理解しがたい行動ではあるが、世の中にはそういう人もいる。

その考え方を、誰の権限で否定し変えようとしていたのか。彼になぜと聞くことが既に愚問なのだ。

社内で不穏な空気が流れていると感じていたのも、そもそも、自分で思い込んでいただけなのかも知れない。さほど周りの人は、他人のことなどは特に気にもしないものだ。

 

無視されていると思い込むのは、即ち、相手を意識しているということ。だから腹が立ち、ストレスになる。そもそも、知らない人なのだと割り切れば、無視されているとは思わない。


他の同僚と挨拶するのであれば、同僚の知り合いだと思えばよい。
彼には彼の考えがあって行動している。私がとやかく言う権利はないのだから。

 

もう、数年前のことになりますが、自分の気持ちを開放した私には、彼に対してのストレスは微塵もなくなりました。相変わらず他人になっていますが。
( ´ ▽ ` )