下級てき住みやかに

画期的なマイボトル!! ビタントニオ ツイスティーで紅茶を制御しよう。

ビタントニオ ツイスティー を紹介します。

画期的なマイボトルです。 

f:id:igadget:20170218144105j:plain

ビタントニオ ツイスティーとは

ビタントツイスティーとは、ティーポット機能とタンブラー機能をひとつに組み合わせた2 in 1のアイテムになります。

これ1本でお茶の濃度を調整できます。

f:id:igadget:20170218184140j:plain

上の層と下の層がセパレートになっています。

下の層はフィルターになっており、ボトルを捻るだけで弁の開閉が行われ、時には茶葉が合わさり、時には分離。画期的で実に便利な商品です。

 

ビタントニオ ツイスティーの使い方

お茶の葉を入れ、お湯を注ぎ、好きな濃さになった時点でキープ。難しいので以下で説明しますね。

f:id:igadget:20170218175322p:plain

どうです、わかります? 使い方は簡単3ステップ

  1. フィルターに茶葉をいれ、
  2. お湯または水を注いでお茶を抽出し、
  3. 上下反転させて本体をひねるだけ。

仕事場にマグカップとティパック、茶こし類などを常時持参していましたが、お茶を飲むだけで面倒。ティーパックも一回毎に破棄。

そんな時に出会えた ”ビタントニオ ツイスティー”。デザインも申し分がなく、即購入しました。

 

因みにこれはお茶専用ですね。好きなお茶の濃さを保持しながら、お湯を継ぎ足し、2番茶、3番茶を楽しめます。実にエレガント!

取説には、紅茶、ハーブティー、中国茶、緑茶などとなっています。

"など"で締めくくっているため、フィルターで濾過できる大きさのものであれば、お好きなものを楽しむことができそうです。

 

ただし、コーヒーは無理そうですね。ミルで、やや粗めに挽いた場合に使えそうな感じもしますが、お茶の葉と違いコーヒーの2番煎じは、味が薄く風味もなく物足りないと思います。アメリカンとは、意味合いが違いますしね。

私は、紅茶と玄米茶のティーパックで仕事中のひと時を堪能しております。ちょっと高めの茶葉を入れることで、より一層おいしくいただけるかと思います。

私は手軽で安価なティーパックで満足しています。仕事帰りにさっと洗うのも楽ですしね!!


Vitantonio Twistea/ビタントニオ ツイスティー

 

この商品は2重構造になっているため、持ち手も熱くなく結露もしにくい特徴があります。

また、トライタン素材でできており、落としても割れにくく、BPAを含まない安全な商品になっています。

 

f:id:igadget:20170218183519j:plain

 

サイズ (約)直径7×高さ20.4cm
重 さ 約420g
素 材 ボトル:トライタン(飽和ポリステル樹脂)
キャップ:ポリプロピレン
フィルター:ステンレス
容 量 有効満水容量:300ml
上部満水容量:290ml
下部満水容量:90mm
耐熱耐冷 本体:耐熱温度 100℃ / 耐冷温度 -20℃
フタ:耐熱温度 130℃ / 耐冷温度 -20℃
パッキン:耐熱温度 200℃ / 耐冷温度 -20℃

紅茶をお飲みになられる方は、ビタントツイスティーで、日々の良い時間を過ごしてみませんか。

 

最期まで読んでいただきありがとうございました。