下級てき住みやかに

結婚 親の介護のために嫁を貰うとか無理でしょ。介護員と混同するなよ。

自分一人で生活したいから、束縛されたくないから、だから結婚はしない。

f:id:igadget:20170214213024j:plain

【Sponsored Links】
 

僕はいいと思うんです。
自分で決めているわけだし、そう言う気持ちで持論する人は好きです。

 

でね、会社であった後輩の一言だけど。さすがにふざけるなって思った。

彼は、35歳で独身

今迄は遊びたいから結婚しない。一人が気楽。それでもいいんじゃないかなって思ってた。

しかし、最近は無性に結婚したい模様。気持ちの変化かと思っていたのですが、母親の介護が必要になったため、結婚して嫁に面倒を看てもらいたいらしい。

まぁ何ともご都合のいいお話です。

 

そんな彼に、よりによって自販機前で話しかけられてしまったしょうもない話。

「なんか、母親が最近、体の自由が効かなくなってきて、デイサービスもお金かかりそうだし、結婚でもして嫁に看させるとタダでしょ。だから、とりあえずコンパに行って、アラフォーの人に求婚でも申し込んで、救世主扱いにでもされようかなぁ。多分ホイホイついてくるし。」

 

冗談かどうかは、この際どうでもよかった。質問をされたから耳触り。
比較的、温厚な僕でも後輩の一言には、さすがに頭がきた。

「お前さぁ、それ違うんじゃね。親の面倒を看させるというていで話を進めるとか、訳わかんないし、お金をケチりたいのなら、自分で母親を看てやりなよ。」

そう言い返しましたが、

「あっ、俺、長男だけど仕事で無理!嫁が親の面倒を看るのは当然の主張だと思ってるわけで、俺の権利だし、だから結婚してあげるわけだし。」

無茶苦茶な反論してきやがった。一番関わりたくないタイプ。

ジュースなんて買いに来なければよかったと反省。

「当然の主張って何?長男とかそういうことじゃなくて、なんで、親の介護の話があって結婚がくるわけ。結婚してあげるって何様?

その考えかたに妙に引っかかるんだけど、お前さぁ結婚に向いていないわ。」

スルーすればよかったのですが、無性に腹が立って言い返してしまった。 つくづく失敗!

「いやいやいや、えっ何?正論とか言いたいんですか?俺の勝手ですよ。別に指摘とかは、ぜんぜんいらないんですけど。」

本気モードで突っかかってくる。

【Sponsored Links】
 

もう相手にするのも嫌!速攻でリタイヤしよう。

「そっか悪りぃ、論点噛み合ってないみたいだから助言できねーわ。」

一応、相談されたということで、先輩風で助言したつもりでしたが、余計なお世話だったみたいです。

まぁ、彼はウンコ以下だからしょうがない。
うん、しょうがない。でもなんか胃のあたりにモヤモヤ感が残っている。一人で愚痴る。

『何だよその薬指のなんちゃってリング。自分で女除けとか言って、いつの流行り?寄ってくると面倒?めっさウケる。寄ってきたの見たことねーし。安心しなよ、ウンコにはハエしか寄ってこねから。』

ぐぁ駄目だぁ!ムカつく!相手にした自分に一番ムカつく。

彼は、相当の自信家なのか馬鹿なのか、単なるエゴイストなのか、とにかくHPが異常に高く打たれ強いことに定評がある。

多分、HPは999999...を優に超えているだろう。スカウターで見るのも怖い。

仕事はできるんだけど、正直扱いにくいというか怖いというか、何故かとても疲れた一日でした。