下級てき住みやかに

【DIY】 意外に簡単! 自分でトイレの便座を取り替える。手順はたったの5ステップ

洋式トイレの便座は手順を覚えれば意外にも手軽に交換出来ますよというお話しです。

設置費はトイレの機能ランクアップ代に回すこともできますから。

f:id:igadget:20170204170719j:plain

我が家には温水シャワー付きと、シャワー無しのトイレがあり、いつもシャワー付きの取り合いになっていました。

いつしか温水ジャンケンというローカルルールが制定されていたため終止符を打つべく便座交換に踏み切りました。

スマホ持ち込むと長いんですよね。待てない!

【Sponsored Links】
 

トイレの便座交換手順の流れ

トイレの便座交換は思いのほか簡単で自分で交換出来ます。

  1. 止水栓を止める。
  2. 後ろのネジ緩め便座を外す。
  3. 便座を取り付けネジを締める。
  4. 水栓を分岐する。(新規に温水機能をつける場合)
  5. 止水栓を開ける

補足:便座を外す場合

f:id:igadget:20170204174858j:plain

補足:用語

f:id:igadget:20170204232154j:plain

 

基本はたったのこれだけです。

後は、コンセントを差し込み、リモコンがあれば取り付けます。

仮に取り付けを業者にお願いした場合、取り付け相場は、およそ10000円程です。

設置費を安いと見積もるか、高いと見積もるかは個人差がありますが、10000円あれば便座の機能をランクアップさせることが出来ます。

水周りの分岐を拒まれる方が多くいらっしゃいますが、水は素直で正直です。電気とは異なり目に見えますから、慌てずに丁寧に施工すれば問題はないと思います。

水の分岐方法も、取り扱い説明書に細かく書いてありましたので安心です。

処分については、燃えないゴミ、またはリサイクル回収になります。

【Sponsored Links】
 

コスパの良い温水便座

トイレといえば、TOTO、INAXのイメージが強いです。シェア独走ですね。

コストパフォーマンスを重視に考えるとパナソニックがおすすめです。破格に安いです。売れ筋ランキングでは常にトップに君臨しています。

機能と価格帯の概算目安 Panasonic の場合

1)10000円~ 温水シャワーが付く。手元操作

2)20000円~ 温水シャワーにリモコンが付く。

3)30000円~ 温水シャワーにリモコンが付き、自動開閉便座

我が家では、売れ筋、人気共に1位の DL-RJ20-CPと DL-RJ40-CP の1つ前の自動開閉タイプを購入しました。

 

リモコンとセンサーの取り付け写真です。

f:id:igadget:20170204190452j:plain

センサーの感度とタイミングは、驚くほどにドンピシャでストレスないです。

トイレのドアを開け1歩踏み込んだ瞬間には開いています。また、トイレから出て暫くすると自動で閉じます。

なんだかチョットだけ偉くなった気分が味わえますね。これに慣れると、他の所でトイレに入った場合に便座が開かないので、故障?と勘違いしそうです。

 

最期までお付き合いいただきありがとうございました