下級てき住みやかに

レビュー 車載用プラズマクラスターコスパ最高 19000時間 新車から廃車まで使えるのだ

車内の『におい』がとっても気になりませんか。

食べ物のにおい、カビ臭や汗の臭い。

多くの方が、消臭剤や芳香剤を利用されているかと思います。

f:id:igadget:20170115113303j:plain

僕は、芳香剤や消臭剤ではなく、車載用のプラズマクラスターを愛用しています。

使用している機種は、SHARPのIG-GC15 プラズマクラスター25000になります。

1つ前の型ではありますが、Amazon プライム価格で6千円ぐらいで購入しました。

コストパフォーマンスは最高です。

【Sponsored Links】
 

初期投資は確かにかかります。

しかし、実は総合的に考えれば、断然お得な商品ではないかと思っています。

消臭効果以外に、花粉やほこりなどを捕集する優れもので、花粉症の私には一石二鳥の代物です。

f:id:igadget:20170115161908j:plain

車載用プラズマクラスターとは

プラズマ放電により活性酸素を発生させ+プラスと-マイナスのプラズマクラスターイオンを作り空気を綺麗にします。

OHラジカルが反応し、空気中の臭いや菌を分解してくれるようです。

何だかとても難しいですね。٩( ᐛ )و

プラズマクラスターの横に記載してある数値の意味ですが、25000の記載があるとした場合、25,000個/cm³ 立方センチメートルあたりのイオン発生数になります。

 

『SHARPの専門分野の情報』


「プラズマクラスター」による浮遊カビ菌や浮遊菌の作用抑制メカニズム

 

運転中は常にプラズマクラスターを動かし続けていますが、知らず知らずのうちに消臭していくという感じになります。

短時間で即、消臭できるという物ではありません。

車内でOHラジカルが分解してくれることを応援してあげましょう。

車載用プラズマクラスターのメリット

車載用プラズマクラスターのメリット

  • 消臭効果(ターボ機能あり)
  • 車内に付着したカビ臭の分解と除去
  • 花粉やほこりの捕集
  • お肌に艶とハリを与える効果
  • 静電気を抑える効果
  • 車外でも使用可能(ACアダプタ別途要)
  • 長期間使用可能

 

僕は、車内での飲食は控えているのですが、子供がマックポテトを食べ始めると車内は一瞬にして香辛料の香りが充満しますね。

確かに手軽でおいしいのですが、残留するにおいがとっても気になります。

マックポテトを食べ終えてから、およそ1時間程で分解され薄らいでいく感じです。

当初は、におい慣れしただけとも思ってましたが、シートにもにおいが付着していないため効果はありそうです。

この製品は無臭化することを前提にしており、またイオン自体も目で認識できないため、効き目が非常にわかりにくいところではあります。でも車内のにおいは常に一定しています。

きっちり仕事をこなしている証拠です。

イオンのパワー見えなくとも、とてもすがすがしい気分です。

f:id:igadget:20170115151948j:plain

車載用プラズマクラスターのデメリット

車載用プラズマクラスターのデメリット

  • ファンの音が意外にする。
  • 初期投資が必要
  • カップホルダーが1つ無くなる。
  • 芳香剤が使えません。

ファンの音はターボモードにすると、結構聞こえます。

音楽を邪魔する程ではないため、さほど気になるレベルではないと思います。

カップホルダータイプの場合はホルダーが1つ占領されてしまいます。

どうしても、カップホルダーを潰したくない場合、エアコン吹き出しタイプにするか、直置きで固定するという感じですかね。

芳香剤との併用もできないことはないのですが、折角の芳香剤の香りも分解対象になりますので、お勧め出来ません。

あくまでも無臭効果を目的にした商品になります。

 

車載用プラズマクラスターの経済的な効果

f:id:igadget:20170115115855j:plain

[引用:http://www.sharp.co.jp ]

参考値:SHARP IG-HC15(プラズマクラスターイオン発生機)

総運転時間約17,500時間、19,000時間経過するとイオン発生装置のユニット交換のため全ての運転が停止します。

24時間フル稼働で2年持つため、車内で利用する場合は新車から廃車まで使える認識でいます。

イオン発生ユニットも、2000円程ですので高くはない認識でいます。

【Sponsored Links】
 

交換の目安*:1日24時間連続使用して運転した場合約2年、1日8時間毎日使用した場合約6年)
*総運転時間 約17,500時間(1日24時間連続して運転した場合約2年、1日8時間毎日使用した場合約6年)経過すると、本体のランプが点滅し交換時期をお知らせします。約19,000時間(約2年2ヶ月)経過するとプラズマクラスターイオンの放出を停止します。

f:id:igadget:20170115115216j:plain

[引用:http://www.sharp.co.jp/pcig/products/ighc15-option.html]

車内で使用する芳香剤や消臭剤の年間見積もり

芳香剤や消臭剤の平均的な単位を、仮に500円とし、約3か月(標準的)使用した場合に年間では2000円となります。

車載用のプラズマクラスターは、およそ、6000円~8000円程ですので、3年程でトントンになる計算です。

 

プラズマクラスターの魅力は消臭効果のみならず、他の効果もありますので、そういった評価を加味して考えればよいかと思います。

 

清潔感があり、無臭というデフォルトの匂いは、好き嫌いがないのも特徴かもしれませんね。

 

総合評価

総合的な評価として、僕は購入してよかったと思っています。

自分の車に取り付けた後に、嫁にせがまれ結果的に2つ購入しました。

新車のにおいを発生する装置があれば、そちらを購入したいのですがディーラーに相談すると樹脂やシートの匂いであるため、内装取り替えるしかないとさらっと言われました。

意外にも新車の匂いが好きな人と嫌いの割合は五分五分人なのですね。

新車のにおいを消したいって思われている方も結構いらっしゃいました。

 

香りを楽しむための芳香剤を購入されている方にはお勧めできないかもしれない。

良い匂いも、嫌な臭いも、プラズマクラスターにとっては関係なく分解の対象になります。

あくまでも『においつかない無臭だぁ~ ぴよぴよ』を好まれる方には、とても喜んでもらえる商品ではないかと思います。

 

エアコン吹き出しタイプにするか、カップホルダータイプにするか悩みましたが、結局、カップホルダータイプにしました。カップホルダータイプの方がクオリティが高いように見えます。

尚、カップホルダータイプでも、エアコン吹き出しタイプでもイオン発生数は同じです。

 

最期まで読んでいただきありがとうございました。

タイプもいろいろあるので参考まで