下級てき住みやかに

自動音声詐欺 【失敗談】電話をかけなおしてしまった後の対処

電話を待っているときに限って、ワンギリのおかしな電話に引っかかってしまった。
自動音声詐欺という新手のようです。

手元が暗い中でネット確認を怠り、ご丁寧におり返してしまったではないか。
バカバカ。自分の馬鹿。ご丁寧に自分の番号を添えて通知しています。

『お電話、ありがとうございます。こちらは。。。』
『ガイダンスに従い、番号を入力して下さい。』

女性ロボットガイダンス。正月早々お仕事ご苦労様です。

【Sponsored Links】
 

どこかで、私の電話番号が漏れたのかも知れません。これはこれで、実に問題なことで間違いなく情報漏洩です。

情報を取り扱う企業は、しっかり管理していただきたいと思います。
ランダムなコールは、いろいろリスクがあるのでしないと思っています。

f:id:igadget:20170619223010j:plain

自動音声詐欺とは

かかってきた電話番号(固定電話)を事後ではありますが、ネットで確認すると

『自動音声詐欺』 ん?

新手のニュータイプ。人手不足になったのかもしれません。
電話しないで下さいとの多数情報あり。いずれにしても、

連絡 ➡ 請求 ➡ 弁護士

いつもの、とほほ の流れになることは間違いなさそうです。
自動音声詐欺について確認してみました。

音声自動ガイダンスを聞いていると、『未払いの確認や返金をしたい』との内容で、オペレーターに電話を繋ぐよう自動ガイダンスから勧められます。

ロボットから人に変わった途端に、住所確認や未払いがあると責め立てられていく模様です。返金したいと言われれば、本人確認のため住所や生年月日の説明もすると思いますし、そうすると、住所や電話番号の、黄金のコンビネーション情報が抜かれる訳で。

心理的で、かつ巧妙な手口。感心している場合じゃないけど。
「じっちゃんの名に懸けて」これは阻止しないと。

 

僕は、折り返した際、ガイダンス中に切りましたので、ロボット姉さんとの会話のみで終了しましたが、携帯電話の着信履歴は付与しています。

そのため、以下の連絡手段が考えられます。

  • ショートメール(メッセージ送信による催促)
  • 電話(直接電話による不明な催促)

いずれにしても、嫌な思いをしますし、対応する時間と気力もないため、まずは、連絡手段を絶つことを考えました。

物理的に遮断するため、iPhone にて着信拒否設定をします。

対処したこと

iPhone に残っている着信をもとに拒否設定を実施

1)電話アプリを選択して起動

f:id:igadget:20170106211728j:plain

 

2)履歴を選択

f:id:igadget:20170106211815j:plain

 

3)右上のボタンを選択

f:id:igadget:20170106211947j:plain

 

4)この発信者を着信拒否に設定する。

f:id:igadget:20170106212035j:plain

 

発信者の着信拒否をすることで、電話、メッセージ、FaceTime からの連絡がなくなります。電話履歴からの登録で説明しましたが、新規登録でも、基本は同じ設定になります。
『この発信者を着信拒否』 2017年の流行語大賞にならないかなぁ

  • 留守番サービス設定されている場合は留守番電話履歴はつくかと思います。
  • 留守番サービス未設定の場合は、何もないです。(ツーツの話中になる模様)

いずれにしても相手からは、こちらに一切連絡できなくなります。

f:id:igadget:20170405232813j:plain

横の繋がりで、違う番号で連携された場合も同じように登録しておくことにします。
そんなに、沢山の固定電話は、基本料金もかかるため保持できません。

私も仕方なく情報をデータ登録しました。
実態が分からない番号であるためマスクしておきます。
無駄なデータですが、保持しておかないと連絡がくる可能性が高いです。 

 

 

f:id:igadget:20170106212142j:plain

【Sponsored Links】
 

基本的には自己不注意にあたるのでしょう。しかし、かかってきた連絡先に電話をしたまで。仮に、掛け直したとして知らない人であれば、間違い電話であることを伝えることができます。

日本の文化であり、おもてなしの心。

普通のやり取りになるかと思います。今の時代は無視が通例なのでしょうけど。
また、自分が知らない番号というだけで、もしかすると内定などの重要な連絡かも知れません。今後の対応にも苦慮しそうです。

行政側は、不審な電話、知らない電話にはかけないよう広報していましたが、不審であるか、知らない電話であるかは出るまでわからないと思うのですが。

毎回、ネット確認も大変です。確かに、今の時代は、知らなかったでは済まされないことが多いのかも知れません。普通はこうするだろうの先に「落とし穴」教訓でした。

どう転んでも、支払いが発生する要因はないのですが、とにかく、相手にしないようにしていくことを心がけていくことが重要だと思います。ストレスが溜まりますから。
最期まで読んでいただきありがとうございました。