下級てき住みやかに

【PSVR 】酔いやすいゲームと酔いにくいゲームの特徴

PSVRのソフトを、ひととおり体験してみました。

酔いやすいゲーム、酔いにくいゲームがありますので特徴を区分してみました。

VR酔いには個人差がありますので参考まで

f:id:igadget:20161231160657j:plain

PSVRはなぜ酔うのか

VR酔いの有力な仮設として、感覚不一致説(sensory conflict theory)があるようです。

【Sponsored Links】
 

自分が動いているかのように視覚情報を判断しているが、実際の身体の動きは止まっている状態。

受ける症状は、個人差があり、それぞれ異なります。

  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛
  • 嫌悪感

僕は、真っ先にめまいがきます。

『PSVRを被って無理』と判断した場合は、即中止するようにしています。

無理な時は、装着してわずか数分でドロップアウトします。

無理に続けようとすると、いざ、ゲームを再開しようとした際に身体が拒否反応を示します。

既にトラウマです。

 

VR酔いも、慣れることで改善されるようですが、日常生活に支障がでる可能性はぬぐいきれないため、不自然な感覚は不自然なままで。

個人的には、そう考えています。

 

リタイアしたゲームは、Youtubeにて、勇者達の冒険の行方を確認してます。

本当にクリアされた方を讃えます。続きを見ることができて助かっています。

www.gadget-underwood.com

酔うというのは、脳が判断した正しい分析結果であり、日常生活で歪んでいる状態を、正常と判断するようになっても困ります。


人間は生まれてから環境に適用するため、脳内のイメージと現実とを照合する必要があるようです。

本当に、VRゲームは別格扱いのゲームです。

f:id:igadget:20170104222730j:plain

酔いやすいゲームの特徴

酔いやすいゲームの特徴ですが、専門家があげているとおり感覚不一致に陥るゲームだと思います。

特に自分自身がVRの世界に存在する

この場合は、自分自身もゲーム内に描画されています。

自分の目線でVR世界をイメージし、かつ、ジョイスティックで操作して動き回る系のゲームは、微妙に動作の不一致が発生し、非常に酔いやすいです。


脳が認識している映像と実際の身体の向きが微妙に異なっています。

現実ではテレビの正面ですが、脳内では明後日の方向に進んでいる場合。

ジョイステックによるキャラクタ操作の基本ベースは、FPS系の操作インターフェースをもとにしていると、個人的には判断しています。

VR専用のAPIを、今一度検討していただけたらと思います。

この手のゲームは一番没入感があり、楽しめることに間違いないのですが、酔いと楽しさを天秤にかけると、いつも楽しさが負けてしまいます。

f:id:igadget:20161221001309j:plain

 

また、現実とVRキャラの体格(身長)が異なる場合も感覚不一致に陥ります。

具体例でいえば、VRの中で階段を降りようとしているだけでも、明らかにキャラクタが、有に2メートルを超えている感じがある。

日常生活との見え方のギャップから違和感が生じ酔いに転じます。

 

VR内で描写する自身のキャラサイズもカスタマイズできるよう機能追加していただきたい。

【Sponsored Links】
 

PSVRのハード面においては、レイテンシー(データ転送遅延)の反応速度は、18ms(0.018秒)で早いのですが、映像描画はソフトであるため、描画速度が速くても、微妙に映像がずれている場合、脳は違和感があると判断し酔いに転じます。 

VR酔いしにくい人は、つくづく羨ましいと思う次第です。

 

ゲームの移動における酔い対策の一貫

固定移動(※1)を採用しているソフトも多く見受けました。基本的に自由度は下がりますが、酔いは少なくなります。

※1 (前に一画面移動、右に一画面移動)

中間に位置するゲームの特徴

ライド系や操縦系が中間に位置するものと判断しています。

目線は自分自身となりますが、ゲームの中では、常に座りっぱなしで固定化されているケース。

景色は変化しますが現実との体勢と合致した状態。

また、ゲームで描画される中で、絶対に動かないものが存在する場合(コクピットのフレーム枠あり)などは、更に酔いが緩和されると思われます。

但し、スピード感があり窓越しからの映像であっても、映像をイメージ化したものと身体の位置が、明らかに異なるゲームは酔います。

映像では急激に回転しているのに物理的に前を向いている場合など

専門用語では、ベクションという言葉があるのですね。

自分は停車している電車に乗っているのに隣の電車が動くと自分が動いているかのような錯覚

 

VRゲーム内でもよく味わう感覚で、リアルで楽しいのですが、映像と体の向きがあっていない場合は、単に気持ち悪くなります。

もちろん、ゲームの仕様範囲でバグではないのですが、微妙にマッピング処理がかみ合っていないこともあります。

現実のベクションによる錯覚は、視覚が先に認識し、どちらが動いているのか判定が遅延した場合に錯覚に陥りますが、現実の映像にずれはないので、「びっくりした」のみで収まります。

酔いにくいゲームの特徴

自分はその場にたたずんで、相手が動き回るのを見ている系のゲーム。

または、自分はその世界に存在せず、自分以外の小さなキャラを操作するゲーム。

これでも十分に没入感があり楽しめます。

僕は、このあたりのゲームが一番好きかも知れません。