下級てき住みやかに

【簡単 DIY】混合水栓を自分で交換してみようか Auralum ブランドが実は意外によい

ビルトインタイプの食洗機をDIYで取り付けた時に、キッチンの混合水栓が腐食しつつあったため、混合水栓を丸ごと交換することにしました。

【DIY】食器洗浄機を自分で取り付けると家計にはとっても優しいのです。 

f:id:igadget:20170114141119j:plain

 

意外におしゃれなAuralumブランドの混合水栓

ワンホールタイプの混合水栓の取り付け穴は、一般的に35から39ミリ規格であるため、メーカー問わず好きなものを選択することができます。

しかし、いざ混合水栓を購入しようと考えてはみたものの高額な値段設定に驚きます。

ネットでみても、ホームセンターでみても、とにかく水周り商品は高いイメージです。

早々に壊れるものでなく、メーカーサイドとしては妥当な価格帯だと思いますが意外に家計を圧迫する値段設定です。

壊れれば、高くても需要と供給の関係で買わざるを得ない。

しかし、できればコスパの良いものを購入したいです。先立つものがありませんから。

 

そんな中、Amazonを見ていると、Auralumというブランド名の混合水栓が破格に安いことを発見

しかも、意外にしゃれお君のようです。

取り付け穴も、35ミリ標準規格の範囲なので、現在使用中のサンエツ混合水栓とそのまま交換できそうです。

 

Aularumの混合水栓の説明詳細に、怪しい日本語が書かれていたため、正直不安もありました。

「蛇口が主体として、品質と寿命の保障を与える」

微妙な日本語が、少々うけます。しかし、私が知らないだけのブランドなのかも知れません。

Aularumのサイトを確認しましたが、Shenzhen City. でしたので中国のようです。

Amazonと業務提携しており売上高も高く、欧州にも勢力があるようです。クロム仕様で見た目にも高級感があり、コスパもよく評価も高い。そのまま勢いでポチッと購入してみました。

スパイラルコイルタイプにするか散々悩みましたが、 家族のLINE会議により多数決で上の商品に決定。(後述で実際に取り付けた時の説明を致します。)

因みに以下の商品と悩みました。なんとなくドラマっぽい感じでしたので。

 

 

 

Amazonのプライム価格で通常の混合水栓の1/3の値段。クロムメッキを施してあるので高級感もあり質感は悪くない印象。
スポンサーリンク
 

DIY 混合水栓を取り付ける

既存の混合水栓は、シンクにしっかり締めつけてあり、手を入れる作業スペースが狭く、取り外しに苦労しました。

何とか無事に取り外せました。ふぅ。

f:id:igadget:20161228010933j:plain

付属のフレキは手締めでネジ部がきっちりと締まります。

結合部分は、若干弱い印象で心配しましたが、パッキンを確認しシールテープ巻きましたが、水漏れなどはないです。

もちろん水漏れすれば、即不良品です。

 

内容物

f:id:igadget:20161228005411j:plain

デザインは悪くないが、フレキとの結合部分がやや心配。

 

設置

f:id:igadget:20161228010440j:plain

分岐

f:id:igadget:20161228010731j:plain

家の安いシステムキッチンには、デザイン調の蛇口は、いささかういてしまったが気にはしない。

 

流水は少量でも意外に水圧が強いため、節水タイプの部類に入るかと思います。安価な割には、良いかもしれません。

値段以上の仕事はしてくれそうです。

  • 水とお湯の切り替えは中央のハンドルレバー左右
  • 出すと止めるは中央のハンドルレバー上下
  • シャワーは左のレバーで切りかえ

【Sponsored Links】
 

デメリットとしては、デザインに拘っていることから、シャワーのホースも金属製になるのですが、冷たい水を通すと結露します。

これは注意が必要かも知れません。これは、蛇口云々の問題ではなく自然現象です。

滴り落ちるほどではなく、金属部分を触ると、やや湿っぽい感じです。

冬場における室内と外気の水温にはかなりの温度差が生じるため仕方がないかも知れません。

だからといって、ここでビニール製のホースがにょろにょろ出てくると微妙に笑ってしまうかと思います。

 

シャワーホースは引っ張りだして使用するため断熱材は巻けないです。

外気温との差が激しい冬場はあまり使わないようにしておきます。