下級てき住みやかに

ワーホリ 直前 旅立つあなたに伝えたいこと STEP2

www.gadget-underwood.com

豪にいては豪に従え それでも僕は日本人

ワーキングホリデーでお世話になった仕事先が、デューティフリーショップです。

朝は、デリバリーから始まり、免税品をホテルのロビーで待機しているお客様へ配送。

その後は、お店に戻って、店内でお客様の相手(ほとんど日本人相手です)をして、お昼休みを取る。午後からは、次の日のデリバリーのためのパッキングをひたすら行う。

朝の出社が早いので、16:00あがりなのですが、日本人以外のスタッフは、どれだけ仕事が残っていても時間がくれば、作業を止め、そそくさと帰宅します。

たとえ、あと数個でパッキング完了だとしても、やり遂げようとせずご帰宅されます。

こういう時の、日本人は絶対に帰らないですね。残業代はもちろん出ないのですが、日本人の美学ですね。「豪にいては豪に従え」郷ですけど。

それでも、僕は日本人です。日本人の美学を貫きました。

f:id:igadget:20161217003859j:plain

スポンサーリンク
 

チャイナタウンでリフレッシュ

ホームステイでの夕食は、明けても暮れても毎夜ステーキ。

結局、28日間の夕食は全て肉だったような気がします。

週末は骨つきリブとシュリンプのBBQ

Welcome モードと思いきや、肉が主食であることがよくわかりました。

スーパーに行けば納得できます。 本当に激安です。ジャガイモもタダ見たい値段です。

アスパラガスは、なぜか日本産でした。アスパラガスを束ねている青色のテープが日本企業でした。しかし、破格に高いです。

ケバブ、カラマリ、フィッシュ&チップス 脂ぎったものばかり食べていると日本人は胃がもたれます。そんな時にはチャイナタウンでクールダウン

日本食あり、袋ラーメンあり、お茶漬けあり。たまには、胃を休めたいものです。

ちなみに、オーストラリアの袋ラーメンはヌードルとして売られてますがお湯は捨てます。全てカップ焼きそば風?

サッポロ一番味噌ラーメンを、ホームステイ先の子供たちに振る舞いましたが、ものすごく感謝されましたね。

ちなみに床屋もチャイナタウンだった気が...。間違えると斬新なカットになります。

店員「これ流行ってるよ。」

「流行ってねえし。」

f:id:igadget:20161217004304j:plain

名前を短縮する場合は事前に調べましょう

短縮形というんですかね。外人さんはかっこいいのだ。

Michael Mike,Mikey,Mick,Mickey
Thomas Tom,Tommy
Charles Charlie, Charly, Charley,Chuck
Daniel Danny,Dan
Edward Ed,Eddy,Ted,Ned
Catherine Cate,Cathy,Cassie
Jennifer Jen, Jenn, Jenny, Jennie

などなど

僕も自己紹介したのですが、どうも四字熟語みたいに聞こえるのか呼びにくいらしく、いつのまにか「J」になってました。何故? ”ジェイ” まぁよしとしよう。

恥ずかしながら、「I am Jay.」になりました。

僕が現地で知り合ったノブ君ですが、英語圏でノブはタブーでした。禁止用語みたいです。彼は、自己紹介の後に「ぶぅ」に名前が変わりました。

名前は適当なのかも知れません。デューティフリーショップのマネージャーはトムでしたが、バリバリの中国人です。自分でトムと名乗り、ミドルネームも付けたそうです。なんか、その辺は適当でよいみたいです。

ただし、英語圏で略してよい日本語であるかは事前に確認したほうがよさそうです。

f:id:igadget:20161217003715j:plain