下級てき住みやかに

ワーホリ 直前 旅立つあなたに伝えたいこと STEP1

何かのご縁で、僕のつたないブログに辿りついていただきありがとうございます。

ワーキングホリデー直前でしょうか?不安や心配もあるかと思います。

「行こう」と決断されたあなたです。大丈夫ですよ。自信を持ってください。

きっと、この貴重な体験が今後に生かされてくると思っています。

ワーホリ体験者【オーストラリア】として、少しだけ備忘録レベルですが、情報を残しておきたいと思います。頭の片隅にでもメモしていただければ幸いです。

f:id:igadget:20161214233521j:plain

伝えたいこといっぱいです。

長文になりそうですので、何回かにブログをわけます。

興味があれば、時間がある時にでもどうぞ。

ごく身近な小動物にも注意

Red Back Spider 既にご存知かと思います。

セアカゴケグモです。普通に住宅街で見かけることがあるかと思いますので、絶対に触らないで下さい。強力な毒蜘蛛です。

発熱と激痛に襲われます。抗血清がありますので、重症化に至ることはまれですが、ワーキングホリデー中は、気軽に病院にもかかれません。

楽しいワーホリ生活ができるように頭の片隅にでもメモっておいてくださいね。

僕は、最初の1ヶ月間ホームステイしました。

初日に、部屋の掃除をしていると、ミッシェル夫人から「Don't touch」と凄い形相で叱られました。蜘蛛を無意識に手で追い払おうとしていました。

とにかく、安易に何でも触らないことがいいようです。

オーストラリア=ハエといっても過言ではないので、ハエは追い払いましょう。

リードをつけていない犬に視線をあわせないで

オージーの気質なのか、動物愛護の考えなのか未だに理解に苦しみます。

皆がそうではないですが、散歩中の犬にリードをしない人たちを見かけます。

僕は、シドニーの市内から少し外れたマンリーに住んでいましたが、普通の住宅街でもリードをしない飼い主がいます。

チワワなら笑えますが、ドーベルマンやボクサー犬のような大型犬も、放し飼いで、おかまいなしです。家の犬は大丈夫!噛まないよ「OKドッグ」です。

幾度か、追いかけられました。いつも、噛まれないのかヒヤヒヤしてました。

尻尾を振っているので遊びたいみたいなのですが、よだれで、Tシャツもビショ濡れです。飼い主は、ご機嫌な様子なので、「Don't worry」 としか言えないです。

乾くと臭うので着替えに家に戻ってました。ワンチャン自体は、僕は嫌いじゃないんですけど。

先ずは、飼い主にもペットにも、興味を惹かせないようにしたいものです。

飼い主も悪気はないみたいなんですが、『うちの犬に限って』の主張なので、相手にしない方がよいかと思います。

f:id:igadget:20161215002736j:plain

ちなみに、シェアハウスで一部屋を借り、最終的に暮らしていました。

その家には、ボクサー犬が放し飼いで住んでいましたね。僕によくなついてくれました。ハウスオーナーのトニーとボクサー犬とで、よく川に行って泳いでました。笑笑

スポンサーリンク
 

裏ピースサインはご法度

2つの数をジェスチャーで表現したい時、どうしても、手の甲を相手に見せる裏ピースをしてしまいます。オーストラリアでは相手を侮辱する挑発行為です。

紳士の国イギリスからの風潮ですね。

日本人は、自撮りする時も裏ピースしますが、顔が小さくなるおまじない?

中指を突き立てる行為と同じです。

日本人が考えているほど楽観視はできませんので裏ピースはやめましょう。

マクドナルドでバーガーを2つ注文したい時に、思わず裏ピースで注文していました。隣のオージーにピースサインになるよう手首を掴まれ反転させられました。

「Good Job」 って笑われましたけど。気を付けましょうね。

f:id:igadget:20161215000018j:plain

週単位に慣れましょう

とにかく、week での区切りが多いです。

僕はホームステイ 1ヶ月の契約をしていたつもりでしたが、実際は、4 weekでした。

28日目の朝に、何だか騒がしいなぁと思ってましたが、僕のお別れ会の準備でした。

何も考えず、次の日からホームレスになりましたね。

ワーホリ中は、デューティーフリーショップで働きましたが、2週目の金曜日が給料日でしたね。ちなみに、ホームステイ後に海辺の近くに住み始めたフラットでは、週末に大家さんが集金に来てました。週単位で区切るという生活に慣れましょうね。1か月ぐらいで、また気軽に引っ越しました。

バックパッカーの危険性

ホームステイが終了し、フラットを決めるまで、1週間ほどバックパッカーにご厄介になりました。バックパッカーは基本、タコ部屋です。

日本のようにネットカフェ感覚で気軽に考えると危険かも知れないです。

3日目に同部屋で、盗難事件がおきました。一人の男性の100 AUDが盗まれました。

4人部屋で、1人が被害者で、僕と、2人がポリスの事情聴取を受けます。

皆のように言い訳できるほどの会話はありません。

「I am Japanese.」と意味なく連呼してましたね。パスポートとCommonwealth(オーストラリアの銀行)の通帳も見せつけてましたね。「It's OK」 ってポリスも笑うなよ。

今では、いい思い出ですが、気を付けてくださいね。

基本、穏やかな人が多く、安全な国だとは思いますが、他の国の人もたくさんきています。

日本はとても安全な国です。何でも、日本の基準で考えず気を緩めないようにしてください。

f:id:igadget:20161215002805j:plain