下級てき住みやかに

活動量計 Garmin vivoactive を使用してみた感想です。

Garmin vivoactive を使用してみた感想です。

運動を始めるようになってから、活動量計やランニングのタイムを測定するために、Garmin vivoactive を購入しました。

f:id:igadget:20161210204426j:plain

Garmin を選択した理由は、GPSの信頼性でしょうか。

GPSといえばGarmin! 歴史がありますから。

まだまだ駆け出しのひょっこランナーなのですが、正確な、基準値がとにかく欲しいと思ってました。どれぐらいの距離を走っているか?ペース的には時速何キロなのだろうか?走ることに対して、経験がとにかく不足してますので、ペースが乱れないようにしていきたいものです。

garmin

表示画面など、Connect IQからアプリをインストールすればカスタマイズ可能です。

f:id:igadget:20161210211312j:plain

意外にあると便利な携帯電話探索機能。行方不明のスマホを探索してくれます。 

避けてはとおれないApple Watch2との比較

Garmin vivoactive を購入しようとされている方は、Apple Watch が選択の視野に入ってくると思います。僕もそうでした。ただ、僕の場合は、初代 Apple Watch との比較でしたので、そもそも、Apple Watchには、防水機能がなく(プールは駄目)、GPSはスマホありき(ジョギング中にスマホ必要)と、やや運動には適していないと判断し除外しました。

しかし、この手のタイプは、Garmin vivoactive より、Apple Watchの方が、一般的には知名度がありましたので、「Apple Watch 購入したんだぁ」と誤った解釈をする人もいました。「Garmin vivoactive」と返すと「Apple Watch の偽物?」

ん~ちょっとショック。|д゚)

スポンサーリンク
 

Apple Watch2では、このあたりが大きく仕様変更されてきましたね。

Apple Watch2は、画面サイズも広く画質もよい。GPSと防水機能が搭載された。FeliCa(おサイフケータイ)対応。ん~総合判断では、やはり総合的なスマホ補助時計の位置づけですから、機能を比較していくと Apple Watch2に軍配が上がりそうです。値段の折り合いというところですかね。

Garmin vivoactiveの機能

Garmin vivoactiveは、単独でも使用できますが、基本はスマホとの連携です。Garmin Connect™ Mobileと連携することで用途が広がります。

活動量計としては、勿論、必要なものは揃っていますし、 Garmin Connect™ Mobileで管理もできます。結構嬉しい機能が、電話通知、メール通知、LINE通知などスマホとの連動ができること。自分が走った経路が地図上に表示できること。

アプリの万歩計は、一日のノルマを達成すると花火が打ちあがる。これは、地味に嬉しい

後は、とにかくバッテリーの持ちが驚くほどよいということ。基本的には、週一ぐらいで気が付いた時に充電しています。通常の腕時計と比べると燃費は悪いのですが、活動量計として考えれば、全然よいと思います。

 主な仕様

サイズ 4.4 x 3.9 x 0.8 cm
ディスプレイ 2.9 x 2.1 cm / 205×148 ピクセル、タッチスクリーン
重量 38.0g(バンド含む)
バッテリー 充電式リチウム電池
稼働時間 約3週間(時計モード)/ 約9時間(GPSモード)
防水性能 50m完全防水
GPS機能 GPS/GLONASS/みちびき対応

機能

アクティビティ機能 ラン、バイク、スイム、ウォーク、ゴルフ など
ライフログ機能 達成率、ゴール、ステップ数、Moveバー、距離、消費カロリー
天気情報 現在地周辺の予想天気、予想気温など天気
ミュージックコントロール スマートフォンの音楽の再生や停止
VIRB操作 睡眠時間と睡眠中の動きを記録
カレンダー スマートフォンに登録した当日のスケジュールを表示
通知機能 スマートフォンの着信とメッセージなどを通知
探索 ペアリング中のスマートフォンの場所を検索
ConnectIQストア GarminExpress、GarminConnect Mobile経由
LiveTrack 現在位置をリアルタイムでウェブ上に公開

引用:garmin.co.jp vivoactive 仕様

 リストバンド式を使用されている方も結構見かけますね。

スポンサーリンク