下級てき住みやかに

IQOS 歯が綺麗に! 1年使用した感想

iQOSに切り替えてから、およそ1年が経過しました。

今では、すっかり生活の一部になっていますのでレビュー報告したいと思います。

f:id:igadget:20161123175631j:plain

IQOSに切り替えたきっかけ

IQOSは、従来の紙巻きタバコと違い、火を使わずに電気で加熱して使用するタバコです。火を使わないため、煙がでません。水蒸気に含まれるニコチンを摂取するため、においや副流煙といった周りへの配慮もできますし、有害性成分90%がカットされています。

タバコなので健康的とは言えませんが、肺には優しそうです。僕が切り替えた決め手は、タールカットと副流煙を含めた周りの配慮。

そして、歯にヤニがつかない。

これが実は凄く嬉しい。

歯石とクリーニングを兼ねて歯医者に行ってましたが、「タバコ辞められたのですか?」と言われました。これは、確かに効果ありです。

今迄、よっぽど、ヤニが付いていたのかな

 

f:id:igadget:20161123161325p:plain

[出典 favo-to-to.com]

スポンサーリンク
 

IQOSは実際にうまいのか

iQOSのファーストテイスティングは不味いでした。

これは、仕方がないことかもしれません。味にしっくりきているものから、別のものに変更するとどうしても受け付けないと思います。これは、逆もまたしかり。IQOS から、紙巻きタバコを吸うとやはり不味いと感じます。

iQOSはタバコですので、欲すれば、普通に吸いだしますし慣れます。数日でiQOS 派になりました。

においは、お茶とカカオを合わせたような感じです。The タバコというにおいがしないのも特徴です。

IQOSに変えたことで変化したこと

服にタバコのにおいがつかない

  • 基本は喫煙所で吸いますので、他人の煙によって若干の匂いはつきますが、さほどではないような気がします。

副流煙がないため周りへの配慮ができる

  • 火を使わないので煙がでないし、灰もでないです。周りに対しての配慮はありそうです。
  • 水蒸気を吸っているため自然に蒸発しますので、においもないです。

タバコの本数が減った

  • タバコの本数が減るのは、iQOS特有の吸い方によるものとだ思います。一回吸うと、充電が必須のため連続で吸えません。
  • 充電器はフル充電 90分で20本分なので充電を意識しないと物理的に吸えないことも関係しているかも。

火を使わなくなった

  • 家はオール電化のため、火といえばタバコ用のライターでしたが、ライターもなくなりましたね。

IQOSでシケモクに挑戦してみた

「シケモク」とは、紙巻きたばこで、一度火を消した吸殻に再度火をつけて吸うこと。

iQOSでは吸い終わるとヒートスティックを捨てますが、90度回して、再度、差し込み吸う方法です。

1回目が終了すると”-" マイナスドライバーをさしたような跡が残ります。2回目を吸い終えると"+"ドライバのような感じになります。タバコが切れたときに一度だけ挑戦しましたが、若干味わいはあったものの微妙です。460円が920円にはならないですね。

f:id:igadget:20161123171533j:plain

左が未使用、真ん中が1回目吸い終えた後、右が2回目吸った後

まとめ

結果的に、iQOSに変えてよかったです。メンテナンス(清掃)したり、充電したりはありますが、思っていたほど大変ではないです。次のステップは禁煙でしょうかね。

タバコの税収も今後も上がりそうですしね。

スポンサーリンク