下級てき住みやかに

DOLBY ATMOS ドルビーアトモスって実際どうなの

f:id:igadget:20161116231148j:plain

最近、映画館でも、Blu-ray ディスクでもドルビーアトモス(Dolby Atmos)音声フォーマットの形式が普及し始めています。

ブルーレイの映画をレンタルするときも、パッケージを必ず確認し、収録音声に「Dolby Atmos」と書いてあると、なんだか、とてもわくわくします。

そもそも、ドルビーアトモス(Dolby Atmos)って何でしょうね。

新しい企画、新しい音声フォーマットが、次から次に制定されていくので、本当についていくのが精一杯です。私は正直よくわかりません。

だから、あまり悩まず、直感をとにかく大事にしています。

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)は、音声フォーマットの企画なのですが、従来のチャンネル形式とは異なり、オブジェクトオーディオになります。

チャンネル形式は、風の音をまわしたいと製作者が考えたときに、スピーカに流す音のボリュームを調整しながら、音が回っているように編集する必要がありました。しかし、再生できる音は平面になります。

オブジェクトオーディオは「風」とか「回す」というクラスが独立していますので、音の再生が、3次元で立体的な音の空間移動ができます。進撃の巨人の立体機動装置っぽくて、なんとなくかっこいいですね。

f:id:igadget:20161116234617j:plain

Dolby Atmosの音の特徴

ドルビーアトモスを実際に聞いてみると、空間に音が「定位」しているのが素人ながらに体感できます。「定位」というのが本当にしっくりくる言葉です。

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)環境を構築する場合には、物理的に天井スピーカーが必須となります。

だからといって、単に周り中にスピーカーを配置することで得られる技術では、まったくありません。

音の立体移動のコンセプトは、スピーカーが存在しない位置から音が聞こえてくる。これが、ドルビーアトモスの最大の特徴であると、私は思っています。

とても不思議な感じがしますが、より自然で心地よい印象を受けました。オブジェクト指向という概念は、コンピュータ業界では、実によく使われますが、単独でカプセル化されてますので、あとは、何を組み合わせるかを命令するだけです。

「空間で音が定位する」よい響きです。

スポンサーリンク
 

過去に DTS HD Master AudioやドルビーTrueHDが普及し始めた頃、「従来と何が違うのだろう」と正直、体感しても素人判断できませんでしたが、ドルビーアトモスは、なるほどというくらい、違いがわかりやすい印象を受けました。

Dolby Atmos を導入している映画館があれば、是非、足を運んでみてください。

f:id:igadget:20161123211301j:plain

Home theater

私は、パイオニアのAVアンプ(SC-LX59)とBOSEのスピーカー(DS16FW )を使用しています。ドルビーアトモスは天井スピーカが必須なのですが、埋め込みの方が納まりがよく見栄えもよいので、DIYで取り付けてみました。

当初は、街の電気屋さんに取り付けをお願いする予定でいましたが、予想以上の見積り金額であったため、DIY作業が必須になりました。

スピーカーの取り付け工賃ではなく、ほぼ日当という感じです。

天井にスピーカーの設置ができない場合のために、イネーブルドスピーカーが販売されてます。

ONKYO Dolby Atmosイネーブルドスピーカー (2台1組) ブラック SKH-410(B)

ONKYO Dolby Atmosイネーブルドスピーカー (2台1組) ブラック SKH-410(B)

 

 

 

天井に向けて音を出し、反射させることで上からの音をカバーします。これもなかなかおしゃれだと思います。

[ SC-LX59 ]

f:id:igadget:20161104142103j:plain

僕の使用しているSC-LX59 は、11.2ch 対応ですが、トップミドルとフロントハイトが排他になります。
そのため、最大スピーカー構成にする場合、別途、プリメインアンプを経由し、 2ch を確保します。スピーカー 15 の接続は、自己満足だけのレベルです。
現環境は、9.2.2ch(atmos)、11.2ch(other) を使い分けて使用しています。

[ DS16FW ]

f:id:igadget:20161103232347j:plain

天井への埋め込みは、石膏ボードカッターと下地センサーでうまく取り付けることができます。AVアンプまでのスピーカー線は、若干露出していますがご愛敬です。

私の家は、2×4(ツーバイフォー)なので屋根裏に入れないため、何とか、カーテンレールの裏などを経由したりしながら、うまくスピーカ線を隠せることができました。